宮前区版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

県高校総体バドミントン 「3冠」 主将としてけん引 宮前平中出身 佐藤さん

スポーツ

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena
佐藤さん
佐藤さん

 全国高校総体(インターハイ)への予選を兼ねた県高校総体バドミントン競技が5月から6月に県内各地で行われ、宮前平中学校出身の佐藤彩夏(さいか)さん(鵠沼高校3年)が個人で優勝、学校対抗戦でも優勝に貢献するなど活躍。全国への切符を手にした。

 佐藤さんはチームの主将も務める大黒柱。県高校総体には昨年も出場するもベスト8で敗退。その悔しさを胸に「優勝したい」との強い気持ちで今大会に臨んだ。自他ともに認めるスロースターターだが、第1シードとして初戦から危なげなく勝ち上がり、決勝まで1ゲームも落とすことなく頂点に立った。

 学校対抗団体戦は、ダブルス2戦、個人3戦で競った。ここでも1戦も落とすことなく決勝へ。対したのは市立川崎総合科学。ダブルスで2勝先取し王手をかけ、経験を積ませようと舞台に立たせた1年生は、最終ゲームまでもつれ込むも惜敗。4番手として出場した佐藤さんは、ストレートで下して全国行きを決めた。

 佐藤さんは初となるダブルスにも出場。一緒に組んだ1年生に「大丈夫、楽しんでやろう」など積極的に声をかけて戦い、3位に導いた。結果、同校は個人、ダブルス、団体戦の3冠を達成し、新人戦に続いての連覇となった。

 佐藤さんは部長として「追われる側だったが、最高の結果を残せた。引退した仲間も全国行きの仲間へ声援を送り、一丸となっている」とチームを分析。7月24日から徳島県で行われるインターハイは「2回戦突破と、少しでも目標と意識を高く。最後の大会、楽しむことを忘れずに挑みたい」と話した。

宮前区版のローカルニュース最新6

学生バンドオーディション

参加者募集

学生バンドオーディション 文化

最優秀はCDデビュー

8月12日号

障害年金を学ぶ

まじわーる

障害年金を学ぶ 教育

理解深めるきっかけに

8月12日号

「太鼓の祭典」開催

「太鼓の祭典」開催 文化

27日、市民館で

8月12日号

今はなき戦争遺跡

今はなき戦争遺跡 社会

宮崎中脇 衛兵所と営倉

8月12日号

観光ガイドの会ツアー参加募集

自治会・町内会むけ防災ボトル

災害時に役立つ6品が、これ1つに 10月新発売

自治会・町内会むけ防災ボトル 社会

名入れ、オリジナル制作も対応

8月12日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook