(PR)

シリーズ【6】大腸・胃がん、早期発見で健康長寿へ取材協力/こにしクリニック

掲載号:2018年2月16日号

  • googleplus
  • LINE

 大腸がんは、年間5万人弱の人が亡くなり、部位別死亡原因の第3位、女性では第1位。また、胃がんは近年減少傾向にあるものの、がん死亡原因第2位となっている。

 「こにしクリニック」の小西一男院長は「大腸・胃がんは初期であれば、完全に切除できる場合が多い。転移して全身に広がってしまうと切除が困難になるため、早期発見が非常に重要となる」と話す。高齢者の場合、体力的な問題や他の疾患がある人も多いため、手術が困難になるケースもある。そうなる前に、定期的に大腸・胃内視鏡検査を受け、早期発見・初期での治療に繋げることが大切。

 大腸がんの発生に影響を与えるものとして男性の飲酒過多、赤身肉(牛・豚・羊)・加工肉(ベーコン・ハム・ソーセージ)の過剰摂取、肥満がある。胃がんの原因には、塩分の多い食品の摂取や野菜・果物の摂取不足等がある。「バランスの取れた食生活はがん予防にはもちろん、健康を維持していく上でも大切。健康長寿を目指して、いま一度食生活を見直してみましょう」と小西院長。

 同院の大腸内視鏡検査は、鎮静剤を使用して緊張を和らげ、腸管を膨らませる際に炭酸ガスを用いることでお腹の張りを軽減。ポリープを100倍近くに拡大観察できる拡大内視鏡や画像強調機能を使用し、精度の高い検査を実践。

内科・消化器内科・胃腸内科 こにしクリニック

神奈川県川崎市宮前区鷺沼1-3-13 鷺沼東急アパート1階

TEL:044-888-0015

http://konishi-gastro.jp

  • googleplus
  • LINE

宮前区版のピックアップ(PR)最新3件

本決算ファイナルセール!

8月11日~31日、展示家具最大30%オフなどお買い得品多数

http://www.hayamagarden.co.jp/

<PR>

「バンバンなら私もいける!」

新台入替8月13日9時10分オープン!最新機種、続々登場!新台は16時~予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>