宮前区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 地域歩き、わが町再発見

    土橋町内会

    地域歩き、わが町再発見 コミュニティ社会

    掲示板巡る新企画スタート

     土橋町内会(大久保透会長)は、町内にある17カ所の掲示板をクイズに答えながら巡るイベント「土橋ウォーク」を11月29日まで開催中。同町内会の役員らは...(続きを読む)

    11月20日号

  • 宮前区民7人が受章

    秋の叙勲

    宮前区民7人が受章 文化

    長年の功労に栄誉

     秋の叙勲の受章者が11月3日付で発表され、宮前区内からは叙勲4人と危険業務従事者叙勲3人が栄誉に輝いた。元宮前区蔵敷自治会会長の杉田進さん(76)=...(続きを読む)

    11月13日号

  • 宮前平中出身柾木拓選手

    "高校総体"全国3位 スポーツ

    幅跳びでリレーの雪辱

     インターハイの代替え大会「全国高等学校陸上競技大会2020」が10月に広島県で行われ、宮前平中学校出身の柾木拓選手(法政二高3年)が幅跳びで3位に輝...(続きを読む)

    11月13日号

  • ごみ削減で市最優秀賞

    (株)パスポート・はぐるまの会

    ごみ削減で市最優秀賞 社会

    資源循環、共同実施に評価

     二酸化炭素削減などに貢献する優れた取り組みを川崎市が表彰する「スマートライフスタイル大賞」。宮前区内の(株)パスポート(浜田総一郎代表取締役社長)と(社福)は...(続きを読む)

    11月6日号

  • 在籍者10年で1.5倍

    市立小中特別支援学級

    在籍者10年で1.5倍 社会

    教員数の確保に課題

     川崎市内で特別支援教育を受ける児童生徒の数が増え続けている。市立小中学校の特別支援学級の在籍者は10年前の1・5倍、市立特別支援学校の在籍者は1・6倍。今後の...(続きを読む)

    11月6日号

  • 「ご近助体操」で健康作り

    「ご近助体操」で健康作り コミュニティ社会

    4団体が企画 テレビ放映へ

     宮前区全町内・自治会連合会と(株)川崎フロンターレ・フロンタウンさぎぬまは11月1日から4カ月間、イッツコムチャンネルで「みやまえご近助体操」番組を...(続きを読む)

    10月30日号

  • 災害時にドローン活用

    宮前警察署

    災害時にドローン活用 社会

    民間企業と協定締結

     宮前警察署(熊田嘉範署長)は10月22日、鷺沼の「合同会社ドローンの窓口」=橋本真一代表(45)=と「大規模災害発生等に伴う支援に関する協定」を締結...(続きを読む)

    10月30日号

  • 市、6年ぶり「対象」か

    地方交付税

    市、6年ぶり「対象」か 経済

    税収大幅減で来年度

     川崎市が来年度、国からの地方交付税で市の財源を補う「交付団体」になる可能性が浮上した。新型コロナ感染拡大に伴う税収減やふるさと納税による市税流出の影響などで、...(続きを読む)

    10月23日号

  • 中学野球クラブ始動

    区内初

    中学野球クラブ始動 スポーツ

    石倉さん、地元仲間らと

     今春設立した宮前区内初の中学生野球クラブチーム「川崎宮前ドリームス」=石倉周監督(28)=が、本格的に活動をスタートさせた。石倉監督らが地元の野球仲...(続きを読む)

    10月23日号

  • 第3の居場所創出へ

    まちかどシェア

    第3の居場所創出へ コミュニティ文化

    オンラインで市民活動発信

     宮前まち倶楽部(辻麻里子代表)とさぎ沼商店会(菅原一夫会長)が共催する地域交流イベント「まちかどシェア」が10月31日(土)、オンラインで開催される...(続きを読む)

    10月16日号

  • 似顔絵 交流の契機に

    民生委員

    似顔絵 交流の契機に コミュニティ社会

    訪問代替、野川地区で

     宮前第1地区民生委員児童委員協議会(中里文雄会長)は、似顔絵を描いたチラシをメッセージと共に地域に投函する取り組みを行っている。民生委員の活動が新型...(続きを読む)

    10月16日号

  • 運動会に向け「意見箱」

    稗原小

    運動会に向け「意見箱」 教育

    各方面からアイデア募る

     新型コロナウイルス感染症の影響で、全国的に小学校の運動会が中止、または異なる形での開催が報じられている。そんな中、稗原小学校(中村邦彦校長)では意見箱を設置し...(続きを読む)

    10月9日号

  • 「医療に寄付」3千万円超

    ふるさと納税

    「医療に寄付」3千万円超 社会

    市、税収流出に歯止め

     ふるさと納税制度を利用し、川崎市が4月から受け付けている「新型コロナウイルス感染症への対応に関する寄付」が4カ月で3千万円を超えたことが分かった。同制度のため...(続きを読む)

    10月9日号

  • 「市民の手」2割未満

    川崎市植樹運動

    「市民の手」2割未満 社会

    公共施設・事業所が大半

     市民主導を掲げて川崎市が進めてきた緑化事業「100万本植樹運動」の実態は、企業や公共施設の開発に伴う成果が8割以上を占めることが分かった。市民活動による植...(続きを読む)

    10月2日号

  • 6割が「レッド指定」

    土砂災害警戒区域

    6割が「レッド指定」 社会

    県調査、区内100区域見込む

     「生命に著しい危害が生じる恐れがある」とされる土砂災害特別警戒区域(レッド)指定に向けた県の調査結果が9月25日に公表された。区内では警戒区域(イエ...(続きを読む)

    10月2日号

  • 施行3カ月 効力に課題

    川崎市反差別条例

    施行3カ月 効力に課題 社会

    続く街宣活動、ネット中傷

     ヘイトスピーチに全国初の刑事罰を適用する「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」が施行されて3カ月。排外主義的な主張を唱える団体による街宣は今も続き、条例...(続きを読む)

    9月25日号

  • ウェブで秋祭り代替

    さぎ沼商店会

    ウェブで秋祭り代替 コミュニティ社会

    仮想現実ライブ目玉に

     さぎ沼商店会(菅原一夫会長)のウェブを活用した新たな取り組みが進行中だ。新型コロナ感染防止のため、さくらまつりに続き秋祭りの開催も断念。代替企画とし...(続きを読む)

    9月25日号

  • 住所表示、11月に変更完了

    野川地区

    住所表示、11月に変更完了 社会

    新町名は「野川台」「南野川」

     野川地区の一部の住所表示が11月9日に変更される。各建物に規則的に番号を設定する「住居表示」とすることで、住所を分かりやすくするため。新町名は「野川台」「南野...(続きを読む)

    9月18日号

  • バスケで挑め「SDGs」

    Bリーグ川崎BT

    バスケで挑め「SDGs」 スポーツ

    市と協定 健康など3本柱

     バスケットボールを通じてSDGs(持続可能な開発目標)を実現しようと、B1・川崎ブレイブサンダース(BT)は新企画を発表。9月14日、推進に向けた協定を川崎市...(続きを読む)

    9月18日号

  • 再整備に向け調査開始

    北部市場

    再整備に向け調査開始 経済

    民間アイデア活用へ

     川崎市中央卸売市場北部市場=写真=の老朽化に伴い、川崎市は同市場の機能強化を含めた再整備を検討している。民間事業者の意見を取り込み、効果的に利便性向上や市の財...(続きを読む)

    9月11日号

  • 標識設置 3割どまり

    防災農地

    標識設置 3割どまり 社会

    市、年間30カ所増で周知へ

     大震災時の一時避難場所として活用しようと、川崎市が登録を推進する「市民防災農地」の標識設置が進んでいない。登録農地のうち設置数は全体の約3割にとどまっており、...(続きを読む)

    9月11日号

  • 改修工事で予約困難に

    市民館大ホール

    改修工事で予約困難に 文化

    利用休止明け 倍率高く

     宮前市民館は来年1月から7月まで、大ホールの改修工事を行う。新型コロナウイルスの影響によりイベントの開催を来年以降に延期している団体も多いが、半年間ホールの利...(続きを読む)

    9月4日号

  • 浸水対策 移転も視野

    川崎市市民ミュージアム

    浸水対策 移転も視野 文化

    低地盤、収蔵庫上階は困難

     東日本台風で浸水被害を受けた川崎市市民ミュージアムの将来像について、外部の有識者らが移転も視野に入れた検討を始めた。地盤が低く浸水しやすい立地に加え、現行施設...(続きを読む)

    9月4日号

  • 駐輪場 2月開設へ

    宮崎台

    駐輪場 2月開設へ 社会

    市、スペース不足に一手

     川崎市は現在、宮崎台駅周辺の自転車の駐車スペース不足解消に向け、新たな駐輪場の整備を進めている。宮崎台駅近くのスーパーマーケット「ライフ」に近接する土地に10...(続きを読む)

    8月28日号

  • 避難行動計画を制度化

    川崎市

    避難行動計画を制度化 社会

    要援護者支援に活用へ

     川崎市は、災害時に自力で避難できない人の逃げ遅れを防ぐ「要援護者避難支援制度」に避難行動計画を活用する方針を示した。町会らで構成する自主防災組織を対象に市が実...(続きを読む)

    8月28日号

  • 「缶持ち去り」抑制へ条例

    川崎市

    「缶持ち去り」抑制へ条例 社会

    生活困窮者の支援、課題に

     資源ごみの一つ、アルミ缶の持ち去りが川崎市内で深刻化している。2018年度の被害想定額は約2790万円で、過去5年間で約1億1千万円もの市の収入源が流出。市は...(続きを読む)

    8月21日号

  • リニア開通へ 流量調査

    平瀬川まち協

    リニア開通へ 流量調査 社会

    JR共同、環境影響を確認

     川崎市内の地下を通す工事が進められているリニア中央新幹線の影響を検証するため、平瀬川で7月31日に流量調査が行われた。平瀬川流域まちづくり協議会(杉田進会長)...(続きを読む)

    8月21日号

  • 「純粋な時代だった」

    戦後75年インタビュー

    「純粋な時代だった」 社会

    野川本町在住 小泉一郎さん(90)語る

     明日8月15日、終戦から75年の節目を迎える。戦中戦後を体験し、当時を語れる人も少なくなった今、区内野川本町在住の小泉一郎さんに、軍事工場での学生時代や、出征...(続きを読む)

    8月14日号

  • 販売数、見込みの5割

    川崎じもと応援券

    販売数、見込みの5割 社会

       商店主ら「大型店も対象に」

     地域経済の復興策として川崎市が発行するプレミアム商品券「川崎じもと応援券」の購入申し込みが、今月6日時点で想定の5割にとどまっている。商店側からは「大型店を対...(続きを読む)

    8月14日号

  • 街路灯「維持費に重荷」

    市商連

    街路灯「維持費に重荷」 社会

    補助金増額、市へ求め

     会員が減少傾向にある川崎市内の商店会では、街路灯維持に苦慮する声が上がっている。財源が先細りする中、電気代や修繕費など維持管理費が運営を圧迫するケースも。市商...(続きを読む)

    8月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク