高津区版 掲載号:2011年1月7日号
  • googleplus
  • LINE

78年経っても"カワラ"ない 光明寺の鐘楼堂 屋根瓦を再使用

 浄土真宗光明寺(菊川喬住職/二子)の境内にある鐘楼堂=写真=の屋根修繕を吉崎瓦工業所(吉崎隆男社長/二子)が昨年行った際、78年前から使われている屋根瓦の傷みがほとんどないことが分かり、洗浄した後、再び使用している。

 鐘楼堂は昭和7年に先代の住職が建てたもので、梵鐘は同36年に作られた。吉崎さんによると、昨年9月に雨漏りの修繕の依頼を受け瓦を外したところ、垂木の各所は傷んでいたが瓦自体に傷みがなかったので、一枚一枚泥を落として再び屋根に戻したという。菊川住職は「この鐘楼堂は私と同い年なんです。地元の土を使って地元の瓦職人さんが焼いた貴重な瓦がきれいになってよかった」と話している。

 昨年12月に修繕を終えた鐘楼堂は、大晦日に除夜の鐘をつく人々で賑わったという。
 

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

前橋汀子リサイタル

前橋汀子リサイタル

糀ホール 読者5人を招待

4月7日~4月7日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三七回 「高津区の景観とまちおこし」

    高津物語

    3月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三六回 「岡本かの子と老妓」

    高津物語

    3月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク