高津区版 掲載号:2011年3月11日号
  • googleplus
  • LINE

桃の節句に響く和の音色 14回続くチャリティー活動

全8曲が披露された
全8曲が披露された

 糀ホールで3日、琴講師の長戸はるみさんによる「ひなまつり・チャリティーコンサート」が開かれた。

 長戸さんは、川崎高津南RCの会長を務めるなど地域活動に熱心で、チャリティーコンサートを毎年桃の節句に合わせて行っている。今回で14回目。

 ホールには琴の音色を楽しもうと多くの人が集まり、琴の指導を受けた教え子の姿も見られた。

 「さくら」や「通りゃんせ」、「ソーラン節」などのポピュラーな曲や、尺八と琴の合奏曲などが披露され、観客は優しい音色に耳を傾けていた。

 後半はオーケストラなどに用いられることが多い「フルート」との共演があり、絶妙なコラボレーションが会場を沸かせた。

 今回集まった協賛金は10万円。全額が川崎区の「更正保護法人・川崎自立会」に寄付された。

 長戸さんは「今後もチャリティー活動を続けていきたい」と話している。
 

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

前橋汀子リサイタル

前橋汀子リサイタル

糀ホール 読者5人を招待

4月7日~4月7日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三七回 「高津区の景観とまちおこし」

    高津物語

    3月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三六回 「岡本かの子と老妓」

    高津物語

    3月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク