高津区版 掲載号:2011年4月8日号
  • googleplus
  • LINE

春色の饗宴菜の花真っ盛り

黄と紫のコントラストが美しい
黄と紫のコントラストが美しい

 千年交差点近くの道端で、菜の花が咲きほころび見頃を迎えている。花言葉「快活、小さな幸せ」の通り、見る人に元気を与えてくれる春の象徴だ。

 菜の花の隣には紫色の花が群生している。図鑑によればこの花は「ハナダイコン(花大根)」。別名を「むらさきはなな(紫花菜)」と言い、愛らしいネーミングがその可愛らしさに華を添えている。

 見上げると、早咲きの河津桜は開花の時季を終え緑色にカラーチェンジ。目を凝らして見てみると、散らずに頑張っているピンクの花弁が見られ、黄、紫、緑、ピンクの饗宴を目の当たりにすることができる。一年で最も贅沢な時季かもしれない。

 場所は市民プラザ通り沿いの千年神社近く。
 

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

前橋汀子リサイタル

前橋汀子リサイタル

糀ホール 読者5人を招待

4月7日~4月7日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三七回 「高津区の景観とまちおこし」

    高津物語

    3月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三六回 「岡本かの子と老妓」

    高津物語

    3月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク