高津区版 掲載号:2011年4月22日号
  • googleplus
  • LINE

CCかわさき交流コーナー 3ヵ月で900人が来場 節電の取り組みを募集、発信も

 川崎市の地球温暖化防止活動の推進拠点として高津市民館11階に開設された「CCかわさき交流コーナー」がオープンして3ヵ月経過した。来場者数は延べ900人。東日本大震災の発生後は節電を呼びかけると共に、来場者や事業所から得た節電への取り組みの情報を提供する役割も果たしている。

 交流コーナーは川崎市地球温暖化防止活動推進センター(竹井斎センター長)が管理・運営し、相談員、事務局員ら10人が交代で家庭の省エネなどに関する質問や相談を受け付ける。市民、事業者の環境への取り組みを紹介する展示コーナーや交流スペースも設置し、市民活動団体、行政などとも連携を図りながら、取り組みの参考となる情報の収集と発信、環境活動への支援も行っている。

 3月1日から市内一斉にスタートしたミックスペーパーの分別回収について会場内に詳しく掲示していることから「市民の方の関心も高かったようで、窓口への問い合わせも含めて3月に入ってから来場者数が増えてきた」と担当者は話している。

節電の輪の広がりにも期待

 東日本大震災発生後に計画停電が始まると、同センターのホームページや窓口で節電と省エネを呼びかけ、今月からは来場者や事業所にも「実践している節電法やアイデア」を募っている。個人からは「蛍光灯をLEDに交換して1日51W節電できた」「冷蔵庫の温度設定や各部屋の照度を下げた」といった声が、また区内北見方のNECインフロンティア(株)高津事業所からは「エレベータを2基停止し、事務所内の照明の約3分の2を消灯している」など12件の取り組みが寄せられている。

 竹井センター長は「件数はまだ少ないですが、電力不足が懸念される夏場に向け、寄せられた取り組みをまとめて市民に定期的に発信することを予定しています。情報を共有することで意識を高めてもらい、節電の輪が今後広がっていけば」と話している。

 節電への情報提供や問い合わせは川崎市地球温暖化防止活動推進センター(【電話】044・813・1313)へ。月曜日を除く午前9時30分から午後5時30分まで。なお、ホームページ(http://www.cckawasaki.jp/kwccca/)でも受付ている。
 

高津区版のトップニュース最新6件

藤嶋氏が名誉市民に

地ケア・防災に力点

高津区予算案

地ケア・防災に力点

3月16日号

高齢化で70代1.4倍

民生委員

高齢化で70代1.4倍

3月9日号

12年の集大成、次代へ

高津区区民会議

12年の集大成、次代へ

3月9日号

改良土 使用再開へ

川崎市公共工事

改良土 使用再開へ

3月2日号

神輿の魂 担継ぎ30年

睦高津連合会

神輿の魂 担継ぎ30年

3月2日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

前橋汀子リサイタル

前橋汀子リサイタル

糀ホール 読者5人を招待

4月7日~4月7日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三七回 「高津区の景観とまちおこし」

    高津物語

    3月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三六回 「岡本かの子と老妓」

    高津物語

    3月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク