高津区版 掲載号:2011年7月8日号
  • googleplus
  • LINE

「待機児童減」も視野に 地域保育園連絡協議会が発足

 市内認可外保育施設の「地域保育園」のうち、市が援護対象としていない83園中48園が名を連ねる「川崎市地域保育園連絡協議会(青木しづ子会長)」が3月に発足した。地域保育園同士の情報共有など、相互の連携を図る目的で組織化された。先月には、既存施設の有効活用と公費助成に関して市議会に請願を提出するなど、その活発な動向が注目を集めている。

 請願内容は、公費助成が園児1人あたり月74円であることに伴い利用者負担が高額になっている状況を踏まえ、認定保育園と同等程度の助成を求めるほか、慢性的に定員を割っている既存の地域保育園を活用することで待機児童解消の解決策を講じることができる、とある。主旨に賛同した署名は300人を超えているという。

 青木会長は「高い志と情熱を持って開園した地域保育園を積極的に活用することは、多大なコストがかかる保育事業の負担軽減となるばかりでなく、保育システム全体の質を上げ、子育てしやすい川崎の実現に繋がるのではないかと考えている」と話している。

 川崎市議会議会局議事課によれば、今後委員会で審査し、本会議に付議することになるという。早ければ9月議会で審査結果が出る見込み。

 市は3月に「第2期川崎市保育基本計画」を策定し、「認可外保育事業の充実と再構築」を柱の1つとしている。市民・子ども局は「複雑化している認可外保育施設をわかりやすく整理していこうと考え、今後検討していく。当然地域保育園も含めての再構築を考えている」と話している。計画は平成25年度の導入を目指している。
 

高津区版のローカルニュース最新6件

再建に掛けた地元の想い

久末天照大神で竣功奉祝祭

梶ヶ谷Bが女子の部V

ミニバス男女サンダース杯

梶ヶ谷Bが女子の部V

4月13日号

久地FCが10周年

防犯アプリの配信開始

川崎市

防犯アプリの配信開始

4月13日号

稚児行列が祭に華添え

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク