高津区版 掲載号:2011年7月15日号
  • googleplus
  • LINE

熱中症搬送数 昨年同時期の4倍 高齢者が半数超 

 熱中症による救急搬送数が全国的に増えているが、川崎市内でも今月6日現在で81件と昨年同時期の19件と比べ既に4倍以上になっている。節電の意識から暑さを我慢する傾向も懸念され、特に高齢者の搬送が半数近くを占めていることから、川崎市消防局では注意を呼びかけている。

 川崎市消防局救急課によると、熱中症による市内の救急搬送件数は、最高気温が30度を超えた6月22日から増え始めたという。特に最高気温が猛暑日に近い34度を記録した6月29日と30日(32度)の2日間は合わせて22人が搬送されている。7月に入ってからも最高気温が30度を超える日が続き、1日5、6人ペースで搬送されている。

 区別では川崎区21件、多摩区14件、中原区13件、幸区12件、高津区10件、宮前区7件、麻生区4件となっている。

 年齢をみると、60歳以上が46人と半数以上を占めている。さらに81件中、屋内で発症して搬送されたのは31件で、このうち60歳以上が22件あったことについて、同課の担当者は「全体としては屋外での作業や運動中に発症しているケースが多いが、屋内での発症に関して今年は節電ムードが広がっているため、エアコンや扇風機の使用を控えていることも原因のひとつとして考えられる。特に高齢の方は体力や新陳代謝が弱くなっているので、過度な我慢をせずにしっかりと暑さ対策をとってほしい」と呼びかけている。

 昨夏は梅雨明けした7月中旬以降、記録的な猛暑が続いた。5ヵ月間で熱中症による搬送数は411件で、60歳以上が169件だった。今後も厳しい暑さが続くと予想されることから市消防局ではHPで「こまめな水分や塩分の補給、充分な休息をとる、気温が高い時間帯の外出や運動を控える」など注意喚起している。
 

高津区版のトップニュース最新6件

「友引」 火葬受け入れへ

市営2施設

「友引」 火葬受け入れへ

4月13日号

「事故ゼロ」めざし50年

高津区「母の会」

「事故ゼロ」めざし50年

4月13日号

新栽培アスパラが初出荷

溝口など4駅で道路整備

自転車安全対策

溝口など4駅で道路整備

4月6日号

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月30日号

市民2人が人命救助

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク