高津区版 掲載号:2011年7月29日号
  • googleplus
  • LINE

トランポリン全国大会 川崎の選手 初の優勝 下作延の高橋和馬さん

笑顔で金メダルを手にする高橋さん
笑顔で金メダルを手にする高橋さん

 今月10日にとどろきアリーナで開催された「川崎市長杯2011トランポリンジャパンクラブチャンピオンシップ」一般・大学男子の部で、下作延在住の高橋和馬さん(日本体育大学4年・21歳)が優勝し、最優秀選手にも選ばれた。同大会で川崎市在住選手の優勝は初。

 川崎市、(社)日本トランポリン協会などが主催する同大会は今年で3回目。全国から集まった44クラブチーム、計345人が出場した。小学生から50歳代までのエントリー選手が、個人、団体、シンクロナイズド(ペア)、社会人(マスターズ)の各部門ごとにそれぞれ演技を競い合った。

 プロプレーヤーも出場し、一番グレードの高い部門といわれる一般・大学男子の部は18人の選手で争われた。横213cm×縦426cmのトランポリンベッドの上で行う10種目の自由演技で、演技・難度・跳躍時間の合計点で順位が決まる。

 「演技の完成度としては100%ではなかった」と高橋さんは大会を振り返るものの、トータル54・585点で金メダルに輝いた。さらに、全出場選手(男性は171人)の中から男女各1人が選ばれる最優秀選手にもなり、「うれしいです。ミスなく技を続けたことがこの結果につながったと思う」と感想を話した。

目標は「オリンピックでメダルを取ること」

 高橋さんは北海道釧路市出身。5歳からトランポリンを始め、中学3年生のときに全日本ジュニア大会で優勝。徐々に頭角を現し、高校時代もインターハイ2年連続準優勝とレベルを上げていった。大学入学後はワールドカップのベルギー大会などにも出場、個人の部で銅メダルを獲得した経験もある。現在、大学に通いながら(財)川崎市体育協会の臨時職員も務めている。

 トランポリンの魅力について「高さ8m近くまで飛び上がり空中でたくさん回転するなど、アクロバティックな技ができるところ」と話す高橋さん。得意技は難易度の高い「伸身後方2回宙返り3回ひねり」で毎日2時間の練習に加えウエイトトレーニングやイメージトレーニングも欠かさないという。「今後、世界でも活躍できる可能性が十分にある選手」と同大学や同体育協会も期待を寄せている。

 目標は「2012年のロンドンオリンピックでメダルを取ること」。現在はオリンピックにつながる世界選手権出場に照準を合わせ、調整に余念がない。
 

次々と難易度の高い技を決めた(写真提供・(財)川崎市体育協会)
次々と難易度の高い技を決めた(写真提供・(財)川崎市体育協会)

高津区版のトップニュース最新6件

「友引」 火葬受け入れへ

市営2施設

「友引」 火葬受け入れへ

4月13日号

「事故ゼロ」めざし50年

高津区「母の会」

「事故ゼロ」めざし50年

4月13日号

新栽培アスパラが初出荷

溝口など4駅で道路整備

自転車安全対策

溝口など4駅で道路整備

4月6日号

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月30日号

市民2人が人命救助

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク