高津区版 掲載号:2011年8月5日号
  • googleplus
  • LINE

ローソン・フロンターレ コラボコンビニが誕生 オフィシャルグッズ約60種を販売

天井や壁面にもこだわりが
天井や壁面にもこだわりが

 (株)ローソンは、川崎フロンターレとのコラボレーション店舗「ローソン高津駅前店(愛称/フロンターレローソン)」を今月2日にオープンさせた。フロンターレカラーに統一した店舗内でオフィシャルグッズを販売し情報発信する。フロンターレグッズを取扱う店舗は区内初で、新規ファンの獲得も期待される。

 川崎フロンターレとのコラボ店舗は初。ローソンは同チームのオフィシャルスポンサーで、以前から双方の実務担当者同士が「何かコラボレーションができないか」との話をしていたという。高津駅のそばに出店したのは「駅前の街道沿いで、ホームスタジアムの等々力競技場行きのバスが走っている。高津区は川崎フロンターレ本社があるお膝元で、オフィシャルショップが周辺に無かった点も理由の一つ」とローソン広報担当。

「地域とともにチームを応援」

 同店の看板や店舗内には、従来のローソンブルーではなく、川崎フロンターレのチームカラーの水色を使用している。外観にはロゴとエンブレムがデザインされ、クラブマスコットの「ふろん太」くんが大きくガラスに描かれているなどフロンターレ一色のつくり。

 店舗に入るとオフィシャルグッズの専用スペースが並ぶ。ユニフォームやぬいぐるみ、マグカップなど約60種が販売されている。レプリカユニフォームの展示や、録画試合や選手の映像を流すなどコラボ店舗ならではの工夫も。「地元サポーターと一緒に川崎フロンターレを応援してまいります。地域の中でともに盛り上がっていければ」と同社。川崎フロンターレ広報担当は「ローソンさんからありがたいご提案をいただき感謝しています。多くの皆様にご利用いただければ嬉しいです」とコメントした。

 開店当日は記念企画としてふろん太くんが店舗を訪問し多くのファンや親子づれで賑わった。利用客は「最初はグッズショップかと思ったがコンビニと聞いてびっくり。楽しいお店なのでまた利用したい」と話していた。

 ■ローソン高津駅前店―東急田園都市線「高津駅」下車徒歩3分。
 

高津区版のトップニュース最新6件

「友引」 火葬受け入れへ

市営2施設

「友引」 火葬受け入れへ

4月13日号

「事故ゼロ」めざし50年

高津区「母の会」

「事故ゼロ」めざし50年

4月13日号

新栽培アスパラが初出荷

溝口など4駅で道路整備

自転車安全対策

溝口など4駅で道路整備

4月6日号

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月30日号

市民2人が人命救助

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク