高津区版 掲載号:2011年9月16日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市 地元農産物の安全対策 新たに特別部会設置

 市は東日本大震災による被害に対応するため、東日本大震災対策本部を設置し被災者支援や地域経済の活性化などの総合的施策を行っている。

 震災後、福島第一原発から放射能物質が放出され全国的に影響が懸念されていることなどを受けて今月、同対策本部に「放射性物質対策検討特別部会」を新たに設置した。

 市民の安全確保と放射性物質への的確な対応を行っていく取組みで、3副市長と総務局、環境局などの関係局長らによる横断的な組織であることが特徴。

 同部会は、食品の放射性物質の監視や対応を行い、市の地域特性を踏まえながら放射能の専門家による助言を受けて的確な判断と対策を進めていくという。食品以外にも空間放射線量や、落ち葉や下水汚泥などの放射性物質を含む物質、風評被害などの対応についても検討を進める。

 市内産農産物に関しては、5月から市衛生研究所で市が独自に放射能濃度(放射性ヨウ素と放射性セシウム)に関する検査を行っている。その結果は検査ごとに更新され、市HPに掲載されている。

 検査は「かわさき農産物ブランド品」を中心に、県が検査対象としている葉物類を除いた露地栽培の果菜類、根菜類、果実を概ね出荷前に抽出している。

 9月2日現在で検出されたのは5月18日採取のうめのみ。数値は放射性セシウムが29・5ベクレル/kgで、食品衛生法上の暫定規制値500ベクレル/kgを下回った。以降、たまねぎ(湘南レッド)、きゅうり、トマト、なし(宮前区・多摩区・麻生区)、さつまいもについて検査を行ったが、いずれも不検出だった。
 

高津区版のローカルニュース最新6件

再建に掛けた地元の想い

久末天照大神で竣功奉祝祭

梶ヶ谷Bが女子の部V

ミニバス男女サンダース杯

梶ヶ谷Bが女子の部V

4月13日号

久地FCが10周年

防犯アプリの配信開始

川崎市

防犯アプリの配信開始

4月13日号

稚児行列が祭に華添え

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク