高津区版 掲載号:2012年1月6日号
  • googleplus
  • LINE

6党県代表が年頭談話 復興・経済対策などで決意

 県内主要6党の県責任者が、本紙に年頭の談話を寄せた。大震災からの復興や経済対策、社会保障政策などに関し、各党それぞれの立場から意気込みが語られている。6党のメッセージは以下の通り。

(敬称略)

民主党神奈川県総支部連合会代表 城島 光力

 あけましておめでとうございます。昨年は、東日本大震災の復旧・復興並びに原発事故の収束という最大かつ最重要な課題に全力をあげて取り組んでまいりました。民主党は、日本経済を再生させるため社会保障と税の一体改革に取り組み、円高・産業の空洞化・高齢化社会に適切に対応するため、雇用・教育・医療・介護など社会保障政策を具現化し国民生活の安定・向上を実現します。

自民党神奈川県支部連合会会長 菅 義偉

 新しい年を迎えました。昨年の東日本大震災にてお亡くなりになった方々にお悔やみを申し上げ、また被災され復興に向け頑張っておられる方々へエールをお送りします。

 自民党は、経済の立て直し、外交・防衛問題の解決、教育・医療・福祉政策の見直しに取り組み、「家族・地域・社会の『絆』」を大切に、明るく笑顔があふれ、誰もが日本人で良かったと思える日本の復興に邁進します。

公明党神奈川県本部代表 上田 勇

 新年明けましておめでとうございます。

 本年、神奈川公明党は日本再生のために全力を尽くしてまいります。地域に根を張った信頼感と国・地方を通じた全国のネットワークが最大の強みです。それをフルに発揮して、大震災の復興と被災者の支援、原発事故による健康被害の防止を最優先に取組みます。また、景気・雇用が一段と厳しくなっており、経済対策にも全力を傾注します。

みんなの党幹事長 江田 憲司

 皆さん、あけましておめでとうございます。

 みんなの党は、ブレない有言実行の政党です。増税ではなく景気回復を最優先。

 経済を成長させ税収をあげ財政再建や社会保障のお金を生みだします。税金のムダ遣いの解消や天下りの根絶も徹底します。民主がダメでも自民に戻すわけにはいきません。もう、みんなの党が頑張るしかない!

 本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

日本共産党神奈川県委員会委員長 小池 潔

 おめでとうございます。

 日本の政治が歴史的岐路にあるなかで、閉塞(へいそく)状況を打ち破る展望を示してがんばります。

 野田内閣によるTPP参加、消費税増税と社会保障改悪を許さず、貧困と格差をなくして雇用・家計・経済を立て直し、地震・津波防災対策、原発ゼロと「海に浮かぶ2つの原子炉」(横須賀基地の米原子力空母)撤去、来たるべき総選挙の勝利に全力をあげます。

社民党神奈川県連合代表代行 石原 守

 明けましておめでとうございます。

 昨年は東日本大震災、福島の原発爆発事故など多難の年でした。大震災の復旧・復興は遅々として進まず、原発事故により被害者の救済も進んでいません。

 私たちは、大震災の復興に全力をあげるとともに、脱原発・自然エネルギーの活用を目指して運動を進めます。同時に、消費税の増税に反対し市民生活を守るために全力をあげます。
 

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク