高津区版 掲載号:2012年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市 虐待防止へ啓発バス運行 オレンジリボンで市民の理解深める

オレンジ色のラッピングバス。「虐待ゼロの社会」を理想に4月末まで市内各地を走行する
オレンジ色のラッピングバス。「虐待ゼロの社会」を理想に4月末まで市内各地を走行する

 川崎市は児童虐待防止のシンボル「オレンジリボン」をバスの車体に描いたラッピングバスの運行を今月1日から始めた。児童虐待防止を啓発し、井田、上平間、塩浜、鷲ケ峰の4営業所の管轄路線で4月末日まで走行させる。

 児童虐待の相談・通告件数は全国的に増加傾向にあり、川崎市でも22年度は1047件と過去最多となった。それ以前の過去3年間では平均は656件だった。

 川崎市市民・こども局では「(認知件数の増加であり)一概に虐待が増えているといいきれない」とした上で、「虐待は社会的な孤立が原因の一因ではないか」と話している。

 ラッピングバスによる啓発活動は、児童虐待を市民により身近な問題として捉えてもらうことが狙い。「市民の理解を深めてもらい、虐待ゼロの社会を築くことが理想」と同局。

 虐待防止に向けたラッピングバスの運行は昨年、隣接する横浜市で実施され、他にも長野県や奈良県、香川県などでも導入されている。

 川崎市市民・こども局では「まずは相談が出来る場所があるということを多くの方に知ってほしい」と話し、今後は児童虐待の実状把握と対応を課題にしている。

 車両には虐待防止のシンボルマークのオレンジリボンがデザインされているほか、川崎市児童虐待防止センターのフリーダイヤル(【フリーダイヤル】0120・874・124)も掲示されている。

 なお、神奈川県内の22年度の児童虐待相談受付件数はおよそ6477件で横浜市約2800件(横浜市は相談に対して実際に虐待と認められた把握件数626件を公開しているため、受付件数はおよその数となる)、相模原市487件、横須賀市290件、それ以外の市町村1853件となっている。
 

高津区版のローカルニュース最新6件

再建に掛けた地元の想い

久末天照大神で竣功奉祝祭

梶ヶ谷Bが女子の部V

ミニバス男女サンダース杯

梶ヶ谷Bが女子の部V

4月13日号

久地FCが10周年

防犯アプリの配信開始

川崎市

防犯アプリの配信開始

4月13日号

稚児行列が祭に華添え

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク