高津区版 掲載号:2012年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

洗足音大 音楽を復興の力に 支援演奏会に1000人超

祈りを音と歌声に込める
祈りを音と歌声に込める

 音楽の力で被災者の心を支えたい―。洗足学園音楽大学は東日本大震災から約1年になる3月12日、同大学前田ホールで「希望と絆チャリティーコンサート 洗足学園音楽大学教員によるスペシャル・ドリーム・コンサート」を開催した。

 教員、卒業生ら総勢約100人に加え、ソリストとしてピアニストの山田武彦さん、ソプラノの柳澤涼子さん、テノールの中鉢聡さんが参加。奏でる一音一音に復興への祈りを込めた。

 作曲家・保科洋氏の「風紋」のほか、同大学でロケが行われたドラマ「のだめカンタービレ」にも登場したガーシュウィンの「ラプソディー・イン・ブルー」などを披露。熱気を帯びた演奏に、大観衆の喝采が鳴り響いていた。

 来場者数1111人。学生らが当日実施した募金活動で集まった義援金は総額97万円を超え、集客、募金額ともに、同大学が昨年の震災以降開催した支援コンサートとして過去最高を記録した。3月末までに川崎市を通じ、日本赤十字社に寄付するとしている。

 指揮者を務めた同大学芸術監督の秋山和慶特別教授は終演後「(聴衆が)暖かい空気を発しているのが分かった。良い空気に乗ると、演奏は2倍、3倍にも良くなる。これからもチャリティーコンサートを続けていきたい」と意欲を示した。

 学生有志らによる被災地支援推進チームをまとめる岩本伸一准教授は「満員御礼。ありがとうございました」と謝意を語った。
 

高津区版のローカルニュース最新6件

再建に掛けた地元の想い

久末天照大神で竣功奉祝祭

梶ヶ谷Bが女子の部V

ミニバス男女サンダース杯

梶ヶ谷Bが女子の部V

4月13日号

久地FCが10周年

防犯アプリの配信開始

川崎市

防犯アプリの配信開始

4月13日号

稚児行列が祭に華添え

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク