高津区版 掲載号:2012年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

4月4日、第42代高津青年会議理事長に就任した 飯島束(つかさ)さん 下作延在住 39歳

仲間との結束が地域の力

 ○…多摩川の美化・清掃や花火大会の警備など、区内でさまざまなボランティア活動を展開する高津青年会議の理事長に就任した。今年で創設44年目の同会議。「長い伝統のある青年会議の理事長として、大きな責任を感じる」。20代から40歳までの会員12人が所属する同会議の新たなリーダーが、就任後の心境を語る。

 ○…知人の紹介で入会してから8年。毎年開催している高津区民祭の財務やパンフレット製作などの広報に尽力した。しかし昨年、東日本大震災発生後、安全面への配慮から区民祭が中止になった。「残念。でも、やむを得なかった」。声に悔しさを滲ませる。今後の区民祭では「できることを一生懸命にやっていきたい」と言葉に力を込めた。このほか「新たに地域貢献できることを考えよう」と、メンバーとの協議の結果、原発事故の区民への影響を憂慮し、区内各所での放射線量の測定実施を決定。高い数値を示す場所があれば区への報告も検討するなど、今月から新たな試みに挑戦している。

 ○…生まれも育ちも高津区。大学、専門学校で建築学を学び、都内のゼネコンに入社した。現場監督などで4年間、多忙な日々を送った。始発電車で出社し、午後11時まで業務が続くこともしばしば。「大変な仕事だったな」と振り返る一方、「人1人の持ち時間は1日24時間。でも皆で協力すれば、24時間分以上の仕事ができる」。事業成功のため、仲間と結束する大切さが身に染みた。「かなり苦労はあったけど、無駄ではなかった」と笑顔を見せる。

 ○…現在は一級建築士として腕を振るう2児のパパだ。司馬遼太郎などの小説を愛する読書家でもあり「歴史小説は人生の教訓になる」と微笑む。今後の課題は青年会議メンバーの増強。「地域との絆が深まり、一生ものの仲間ができるかもしれない。是非入会を」。区と青年会議の発展に、意欲を燃やし続けている。
 

高津区版の人物風土記最新6件

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

4月6日号

阿部 眞二さん

3月19日付で高津警察署長に着任した

阿部 眞二さん

3月30日号

梶原 典夫さん

仏師で、高津区文化協会の第40回文化講座を受け持つ

梶原 典夫さん

3月16日号

田中 利男さん

梶ヶ谷4丁目町内会の会長として川崎市自治功労賞を受賞した

田中 利男さん

3月9日号

徳永 友一さん

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける

徳永 友一さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク