高津区版 掲載号:2012年4月27日号
  • googleplus
  • LINE

洗足音大 作曲コンクール初開催 「新しい音楽」、8作品受賞

若林教授(中央)ら受賞者8人と審査員ら
若林教授(中央)ら受賞者8人と審査員ら

 作曲を志す若者を中心に作品発表の機会を提供し、新しい音楽の創造につなげようと、洗足学園音楽大学は4月18、19の両日、同大学の前田ホールで「洗足現代音楽作曲コンクール本選会」を開催した。同大学が作曲コンクールを開くのは今回が初めて。2日間で計236人が来場し、新進気鋭の音楽家らが生み出したメロディに聴き入った。

 全国から応募があり、総数はA部門(オーケストラ作品)が19点、B部門(サクソフォーン・アンサンブル作品)が14点の計33点に上った。このうち本選会に選出されたA部門4点、B部門6点を大会当日、洗足大の卒業生らが演奏。同大学の小嶋貴文・学部長ら審査員が各部門の1〜3位を決定した。

 厳選審査の結果、A部門では「木霊…隠喩の森II」を作曲した若林千春・滋賀大学教授、B部門では「The palette」を創作した後藤望友さん(東京藝術大学大学院音楽研究科修了)が1位に輝いた。また、聴衆の投票で選出する洗足賞は、A部門から「仙郷への誘い」の中堀克成さん、B部門から「Hadewijch 2」の木山光さんが受賞した。

 審査員長を務めた小嶋・学部長は「新しい音楽が生まれる機会に立ち会えて幸せ。難しい審査だった」と強調。若林教授は受賞後、「これからも頑張ろうという熱意が湧いてくる」と意欲を語った。
 

高津区版のローカルニュース最新6件

再建に掛けた地元の想い

久末天照大神で竣功奉祝祭

梶ヶ谷Bが女子の部V

ミニバス男女サンダース杯

梶ヶ谷Bが女子の部V

4月13日号

久地FCが10周年

防犯アプリの配信開始

川崎市

防犯アプリの配信開始

4月13日号

稚児行列が祭に華添え

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク