高津区版 掲載号:2012年6月22日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

その「イビキ」睡眠時無呼吸症候群の疑いが 取材協力/すずき耳鼻咽喉科クリニック〈いびきのご相談〉

鈴木敏幸院長
鈴木敏幸院長

 『イビキが止まっていると家族から言われる』『寝た気がしない』『体調が優れない』『日中、眠気で仕事に集中できない』――。

 このような症状は睡眠時無呼吸症候群の可能性があるという。「この病気は本人に自覚がなく、他人から指摘されることがほとんど。高血圧や脳梗塞、心筋梗塞を起こす危険性は3〜4倍になり、メタボリックシンドロームや糖尿病との関連もあります。睡眠中の酸欠状態が血液をドロドロにし、血管が詰まりやすくなります。この病気と診断されたドライバーの約40%が居眠り運転を経験しているといいます」と鈴木院長。

痩せていても注意

 太っていて喉が狭い人や、顎が小さい人に起こりやすいと言われており、「日本人は西洋人に比べて顎が小さい人が多いため、それほど太っていなくても無呼吸が起こりやすいです」。

夜から朝で検査

 日本で約300万人とされており、30代以上の男性に多いという。検査は夜11時頃に来院して(応相談)、翌朝4〜7時に帰ることができるので、仕事への影響も少ないとのこと。
 

すずき耳鼻咽喉科クリニック いびきのご相談

川崎市中原区井田1-36-3(メディパーク川崎井田2F)

TEL:044-272-8402

http://www.suzuki-jibi.jp/

高津区版のピックアップ(PR)最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク