高津区版 掲載号:2012年7月20日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

「脱臼・打撲、挫傷、骨折、捻挫」その時、応急処置は? 至近に移転「鈴木接骨院」

鈴木 宏院長
鈴木 宏院長

 5月、中原街道を挟んだ真向かいに移転した鈴木接骨院。「”つらい”を和らげる治療を心がけています」と話す鈴木院長に、脱臼・打撲・挫傷・骨折・捻挫等をした際の現場での応急処置について聞いた。答えは「RICE」。安静・冷却・圧迫・挙上のスペルの頭文字をとったものだが、「動かさず、冷やし、包帯等で圧迫し、心臓より高く」が基本。この4つを措置した上、専門機関で治療を受けることが望ましいという。

 なお、新しいHPアドレスは下記の通り。以前のアドレスは近々に削除される。
 

鈴木接骨院

川崎市宮前区野川545

TEL:044-755-9820

http://www.nogawa-suzukisekkotsuin.org/index.html

高津区版のピックアップ(PR)最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク