高津区版 掲載号:2012年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

まちづくり新情報 寄 稿 復興税の使い道を明らかにするべき 川崎市議会議員 いのまた美恵

いのまた 美恵
いのまた 美恵
 今開催中の議会には市税条例の改正議案が出されています。東日本大震災の復興に関し、川崎市民税、県民税の均等割りを500円ずつ2014年度から10年間引き上げるというものです。その上、国も2012年4月から3年間復興特別法人税10%を引き上げ、2013年1月から25年間復興特別所得税2・1%を引き上げます。

 川崎市民にとって国や県や市の復興税を合わせると、夫婦と子供2人(1人は16歳未満)で年収300万円の場合、年間で1200円、年収500万円で2600円、700万円で5300円上がります。非課税の方は源泉徴収時以外は影響ありません。これから退職金をもらう場合、10%控除が廃止され、30年間勤続で退職金2000万円だと、課税額は2万5000円上がって25万円です。

 未曽有の被害を受けた被災地が一刻も早く復興するには全国民の協力も必要です。しかし、私が幾度か訪れた被災地では、国からの支援金の使い方は、地元住民より大手ゼネコンのための支援だと言われていました。大手ゼネコンが大阪や名古屋等の都会から作業員を集め、その作業員は呑み代でも領収書があれば経費で落ちると言っていることも聞きました。国はこれまでに19兆円の復興予算を使ってきましたが、その3次補正予算では、「活力ある日本全体の再生」を根拠に刑務所研修費や国立競技場補修費、青少年交流事業など被災地復興にかかわりのない事業に2兆5000億近く使っていました。気仙沼市と陸前高田市を視察したときも、地元商店街復興計画等が後回しにされていると感じました。しっかりと住民の声と現状を把握し、予算配分の優先順位を決めるべきです。復興には瓦礫の処理が不可欠ですが、地元の人の雇用と生活復興を第一に考えるべきです。復興の名を借りた金儲けに血税が使われてはなりません。税金を取る前に、お金の流れと使い道を透明にするべきではないでしょうか。

猪股美恵

川崎市高津区久本2-5-3

TEL:044-866-7912
FAX:044-866-7912

http://www.mie-inomata.org/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク