高津区版 掲載号:2012年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

梶ヶ谷の人形劇団 定期公演スタート 主婦6人が手作りの舞台

手作りで人形やセットを作り上げていくメンバー(左から中條さん、千葉さん、渡辺さん、森さん、田所さん、三田さん)
手作りで人形やセットを作り上げていくメンバー(左から中條さん、千葉さん、渡辺さん、森さん、田所さん、三田さん)

 2011年3月に梶ヶ谷で誕生した主婦6人による人形劇団『にこにこあおむし人形劇団(森真佐乃(まさの)代表)』が、地元梶ヶ谷のスペースカリヨンで18日、定期公演をスタートさせた。初回公演で披露した手作りの人形劇は子ども達から喝采を受けていた。

 同劇団結成の構想が生まれたのは、森さんの長男が5年前に私立梶ヶ谷幼稚園に通っていた時。森さんは別の劇団に所属し施設等で公演を行っていたが臨時公演を依頼されたため、親しくしていた母親たちに人形劇に参加することを持ちかけた。人形劇の楽しさに触れた出演者との会話で新劇団発足を希望する声が挙がったことから、2011年3月に同劇団を結成した。

 メンバーは、森さんをはじめ、中條裕子さん、三田いづみさん、田所有希さん、千葉由江さん、渡辺啓子さんの6人。いずれも同幼稚園に子どもが通っていた。

 これまでは近隣の子育て支援センターや養護施設などから公演を依頼され、不定期に活動を行っていた。しかし定期公演で多くの人に劇を見てもらいたいと、梶ヶ谷で開催することを決めた。

 18日の初回公演では、あおむしやうさぎ、亀などを使った劇を披露。手の込んだ人形やセットに、来場した30人以上の親子から歓声が上がり、子ども達と一緒に歌う場面も見られた。

 公演をスタートさせた森さんは「皆さんに温かく迎えていただいて楽しく出来た。今後も新しいことに挑戦したい」と話し、メンバーは「みんなでおしゃべりしながら作り上げている。楽しみながら出来る」「みんなが笑顔で喜んでくれると達成感がある」と劇団と公演の魅力を話した。

 定期公演は10月以降、スペースカリヨンで月1回を予定。料金は親子1組300円、定員は親子先着15組。申込みは【メール】nikonikoaomushi@yahoo.co.jpまたは【URL】http://www.geocities.jp/nikonikoaomushi/まで。
 

高津区版のトップニュース最新6件

「友引」 火葬受け入れへ

市営2施設

「友引」 火葬受け入れへ

4月13日号

「事故ゼロ」めざし50年

高津区「母の会」

「事故ゼロ」めざし50年

4月13日号

新栽培アスパラが初出荷

溝口など4駅で道路整備

自転車安全対策

溝口など4駅で道路整備

4月6日号

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月30日号

市民2人が人命救助

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク