高津区版 掲載号:2012年11月23日号
  • googleplus
  • LINE

専修大生が講座企画 高津中「総合的な学習」で

熱心に生徒に語りかける大学生(中央の2人)
熱心に生徒に語りかける大学生(中央の2人)

 市立高津中学校(加藤寿郎校長・生徒数442人)で11月17日、地域の活動を生徒が学ぶプログラムが行われ、専修大学の学生、2、3年生の計11人も一つの講座を担当した。

 NPO法人・高津総合型スポーツクラブSELF(平口和宏理事長)等の協力で用意されたのは、殺陣やフラダンス、演劇体験、心配蘇生法など全17講座。

 そのうち専修大学の学生たちはスポーツ栄養学を企画。集まった中学生たちに、ジュースに使用される砂糖の量や食品添加物の人体への影響などを教えた。リーダーの古座野拓也さん(20)は「スポーツする時に、どんな飲み物を選んだら良いかなどを伝えたかった」と狙いを口にした。

 同校の網屋直昭教頭は「多くの学びの場を提供していただき、とてもありがたい。生徒には、地域の大人が生き生きと活動していることを知り、将来の自分を見据えるきっかけにしてほしい」と話していた。
 

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク