高津区版 掲載号:2012年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

NECGSC溝の口 瀧口真帆選手が高校新 競泳短水路200自由形

好調を維持する瀧口選手と河合コーチ
好調を維持する瀧口選手と河合コーチ

 NECグリーンスイミングクラブ(NECGSC)溝の口所属の瀧口真帆選手(高3)が、11月に行われた競泳ワールドカップ東京2012に出場。200メートル自由形で短水路日本高校新記録を樹立した。

 競泳ワールドカップは、国際水泳連盟主催の大会で、世界水泳、世界短水路選手権と並ぶ世界三大大会の一つ。各国を代表する強豪選手が出場した。

 区内久本のNECGSC溝の口に所属する瀧口真帆選手は自由形100m、200m、背泳ぎ200mに出場、自由形2種目では決勝まで進出し好タイムを出す活躍を見せた。200mでは1分56秒63の短水路日本高校新記録を樹立、5位入賞を果たした。100mでは54秒63のタイムで6位に入賞した。

 瀧口選手は「今年に入ってからは良い感じで泳げている。高校記録を出したことはとても嬉しい」と喜びを表した。しかし、世界との差を実感した事や大会では1分55秒台を出すことを目標に出場した為、56秒台の結果に「もっとタイムを上げたかった」と悔しさを滲ませた。担当の河合大輔コーチは「ワールドカップは一つの通過点。これからトレーニングを積んで、日本代表を目指す」と話した。

 瀧口選手は、2月の日本短水路選手権での記録更新と4月に控える日本選手権に照準を合わせている。「日本選手権は、世界選手権出場の選考がかかっているので、メンバーに入っていきたい」と力強く話した。

 同クラブは、同大会に9人もの選手を送り出した。男女混合の200mリレーでは、メドレーで銅、フリーで銀メダルを獲得。瀧口選手もメンバーとしてメダル獲得に貢献した。「チームの雰囲気が良く好成績が残せた。とても楽しかった」と大会を振り返った。
 

高津区版のトップニュース最新6件

「友引」 火葬受け入れへ

市営2施設

「友引」 火葬受け入れへ

4月13日号

「事故ゼロ」めざし50年

高津区「母の会」

「事故ゼロ」めざし50年

4月13日号

新栽培アスパラが初出荷

溝口など4駅で道路整備

自転車安全対策

溝口など4駅で道路整備

4月6日号

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月30日号

市民2人が人命救助

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク