高津区版 掲載号:2013年1月18日号
  • googleplus
  • LINE

まちづくり新情報 寄 稿 今年こそ若者が元気になってほしい 川崎市議会議員 いのまた美恵

いのまた 美恵
いのまた 美恵

 川崎市では来年の保育所入所募集が今月から始まっています。保育所待機児童や保育料負担格差や保育環境格差などの問題は、若い世帯にとって深刻な問題です。国も幼保一元化へ動き出し、川崎市も長年の保育懸案課題をこの2年間で一気に見直してきました。このように保育所を取り巻く制度やあり方が今大きく変わろうとしています。私はこの変動する2年間、保育を担当する市民委員会に所属し、保育料金体系の見直し、認可外保育所再構築、公立保育所の在り方基本計画策定など、議論してきました。

 川崎市は保育料金を2012年から3年間で、国の基準保育料額に対し保護者負担割合を、69・4%から75%まで引き上げるとしています。

 認可外保育所再構築では、2012年4月、155園ある認可外保育所を川崎型認定保育園A(認可保育園基準)とB(市が設定する基準)とその他(地域保育園)に分類します。2013年度は、現在の地域保育園について見直すとしています。公費投入の不公平問題や保護者負担格差なども新基準を基に見直すそうです。

 公立保育園は2004年に国が補助金を打ち切り以降民営化に向け大きく舵を切りました。この度市が示した基本方針では、今後10年間に毎年5〜3園民営化し、最終的には各区にセンターを1か所、補完するブランチ型を2カ所合計3か所(全市で21カ所)の公立保育所を残し、地域の要支援児童の相談、民間保育所の支援、公民保育所の人材育成などを既存保育所の機能に加えるとのことです。まだ中身に具体性がなく議論の余地があると思っています。皆様からのご意見お待ちしています。
 

猪股美恵

川崎市高津区久本2-5-3

TEL:044-866-7912
FAX:044-866-7912

http://www.mie-inomata.org/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク