高津区版 掲載号:2014年2月28日号 エリアトップへ

「日本の仕組みは地方から変える」No.10企画・製作/小川あきのぶ事務所 子育てを社会で支える 川崎市議会議員(みんなの党) 小川あきのぶ

掲載号:2014年2月28日号

  • LINE
  • hatena

 先日、平成26年度の認可保育所の第一次選考が行われ、不承諾となった方が過去最多となりました。

Q…高津区は494人で中原区に次ぐ多さでしたね。

A…私自身も不承諾となった一人ですが、働く女性にとって子どもを安心して預けられる場所があるかどうかが大きな問題であることを改めて感じています。

Q…一方、子育て支援には多額の財源が必要ですが、なぜ市民全体でその財源を負担しなければならないのでしょうか。

A…日本の社会保障制度が、現役世代が高齢者を支える仕組みとなっているからです。そのため、子ども数の減少はこの仕組みの存続を危うくすることに直結します。子どもは将来の社会保障財源ともいえ、よって子育てを広く社会で支援すべきではないでしょうか。

Q…市長は待機児童ゼロを掲げています。

A…待機児童は象徴的ですが、保育所の拡充だけが解決策ではありませんし、そもそも子育て支援は待機児童だけに集約されるものでもありません。待機児童対策に取り組みつつも、広い視野で子育て支援に取り組むよう、議会を通じて主張していきます。

新会派を結成

Q…新たな会派の構成は?

A…このたび、どの政党にも所属しない、無所属の議員が加わりました。

Q…その意図は?

A…どの政党に所属しているかにかかわらず、川崎市政に対する思いが同じであれば、同じ会派で活動することが望ましいと考えた結果です。川崎市のことは川崎市で決める。国政政党に必要以上に縛られることなく、自由な議論をしていきたいと思います。

小川あきのぶ

神奈川県川崎市高津区下作延4-28-29

TEL:044-852-6212

http://ogawaakinobu.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

高齢者の現状と今後の計画について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 56

高齢者の現状と今後の計画について

川崎市議会議員 さいとう伸志

1月22日号

誰もが安心して暮らせる川崎へ!

市政報告

誰もが安心して暮らせる川崎へ!

川崎市議会議員(公明党) 春たかあき

1月22日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載232回

「くにこ」の県庁見聞録

新年の徹夜県議会

1月15日号

身近な公園と防災機能を考える

市政報告

身近な公園と防災機能を考える

川崎市議会議員(公明党 )平山こうじ

1月15日号

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

数値でみる川崎と高津 No.68 シリーズ

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

1月8日号

川崎の未来へ。動く、進める。

「令和6年」市制100年 未来に残す価値 100年後も存在する価値 新春市政報告

川崎の未来へ。動く、進める。

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク