高津区版 掲載号:2014年3月28日号 エリアトップへ

市庁舎耐震対策 当初案通り現地建替え 15年度末までに基本計画

掲載号:2014年3月28日号

  • LINE
  • hatena
建替えが決まった市役所本庁舎
建替えが決まった市役所本庁舎

 川崎市は14日、本庁舎・第2庁舎耐震対策構想と今後の取り組みを発表した。昨年12月に発表した構想案通り、現庁舎の敷地での建替えとした。学識経験者や公募市民らで構成する外部委員会を立ち上げ、2015年度末までに基本計画を策定する方針。

 本庁舎本館は1938(昭和13)年、本庁舎北館は1959(昭和34)年、第2庁舎は1961年(昭和36)年に築造され、いずれも最低限必要な耐震基準を満たしていない。

 市はこれまで、耐震補強を施す手法も検討したが、本庁舎は建設当時の詳細な図面がなく、工法や工期が不確実なため、困難と結論付けた。また、建設地は武蔵小杉駅周辺と武蔵溝ノ口駅周辺も候補に挙げたが、商業・業務機能の集積度やコスト、用地確保などの面で現庁舎敷地が優位と判断した。

第2庁舎 当面使用

 市の今回の発表によると、内部委員会と外部委員会による検討体制をつくり、新庁舎の規模や施設配置、整備手法などを盛り込んだ基本計画を15年度末までに策定するという。本庁舎から賃借ビルへの仮移転は14年度から段階的に進め、15年度末までに完了させる。

 ただ、市議会や上下水道局などが入る第2庁舎は当面使用する方針で、安全を確保するための補強工事を14年度中に着手する。

 市の担当者によると、国の基準などに照らして新庁舎を建設した場合、第2庁舎などの機能が集約できる見込みという。「基本計画を策定する中で具体的な整備の方向性やスケジュールを示したい」としている。

高津区版のトップニュース最新6

今秋、区内を会場に開催

子どもの権利条約フォーラム

今秋、区内を会場に開催 社会

実行委発足は夢パークで

5月7日号

「ジオラマ」1年がかりで

地元老人会「最勝会」

「ジオラマ」1年がかりで 文化

逆境に挫けず、活動に爪痕

5月7日号

ミャンマーに届け「匠の技」

生け花師範中野香静さん

ミャンマーに届け「匠の技」 文化

「最後の教え子」育成に全力

4月30日号

「帰宅支援場所」機能向上へ

子母口「橘公園」

「帰宅支援場所」機能向上へ 社会

改修整備、作業大詰め

4月23日号

環境配慮した改修完了

区内久地「まえだTEQ」

環境配慮した改修完了 社会

一般開放の公園も整備

4月23日号

「溝劇」と強力タッグ

NPO法人「ダンス ラボラトリー」

「溝劇」と強力タッグ 文化

コロナ禍、活動の幅に期待

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter