高津区版 掲載号:2014年4月11日号 エリアトップへ

準西國稲毛観音霊場 12年に一度のご開帳 市内を中心に36寺院

掲載号:2014年4月11日号

  • LINE
  • hatena

 およそ260年の歴史を持つ「準西國稲毛三十三所観音霊場」の12年に一度のご開帳が、4月12日(土)から30日(水)の19日間行われる。市内を中心に建立されている計36寺院の観音菩薩がご開帳となる。

 このご開帳は、午(うま)の歳に行われ、旧稲毛郡(中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区・東京都稲城市にかかる地域)の計36寺院の観音像を参拝できる。

 始まりは1754年。武州橘樹郡稲毛領(現在の宮前区周辺)に住んでいた山田平七の発願で、痰咳の病を神仏の力で治してもらおうと熊野を参詣し「西国三十三カ所の巡拝から無事に帰国できたら三十三体の観音様を建立します」と誓ったという。しかし、体を壊すなどしてその実現は難しく、それならば地元に33体の観音像を導いてほしいと熊野権現に祈願し、札所となってくれる寺を自ら巡ったことから、稲毛三十三所観音霊場が誕生した。

 山田平七が檀家であったことから、現在窓口となっている東泉寺(上形卓道住職)は「260年余の長い歴史を持つ準西国稲毛三十三所観音霊場のご開帳です。市内外問わず、この機会に多くの方に訪れて頂ければ」と参詣を呼びかけている。

 各札所のご開帳は各日午前9時から午後5時まで。問い合わせ・詳細は東泉寺【電話】044・866・2532。

高津区版のローカルニュース最新6

減災への第一歩

【Web限定記事】高津区在住者限定 23日 Zoomでワークショップ

減災への第一歩 社会

2月19日号

「趣味の教室」一年の集大成

【Web限定記事】川崎市民プラザ

「趣味の教室」一年の集大成 文化

3月6日、7日 展示や舞台発表

2月19日号

パートナー制度 3月創設

【Web限定記事】 川崎市

パートナー制度 3月創設 社会

市内のSDGs促進

2月19日号

川崎産イチゴの魅力を発信

【Web限定記事】JAセレサ川崎

川崎産イチゴの魅力を発信 スポーツ

1(イチ)位を5(ゴ)回のフロンターレに贈呈

2月19日号

コロナ禍とSDGs、問題解決探る

【Web限定記事】

コロナ禍とSDGs、問題解決探る 社会

「メサ・グランデ」支援へ 2月23日にオンライン講座

2月19日号

大山街道ふるさと館で「代替冬イベント」

【Web限定記事】

大山街道ふるさと館で「代替冬イベント」 文化

「趣味が創り出す美と感動の世界」2月27日から開催

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク