高津区版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

4月1日付で高津消防署の署長に着任した 越谷 成一さん 都内在住 58歳

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena

「チーム一丸」で区民を守る

 ○…「署員151人のリーダーとしての責任の重さを実感します。区民の安全を守るため、身が引き締まる思いです」。署長としての使命感を胸に、署全体のマネジメントに携わる。「楽天の星野監督がチームづくりについて『イチマル(一丸)となってやる』と言ったのが印象的。消防にもチームワークが大切です。署員一丸となって取り組んでいきたい」と語る。久地出張所での救急隊長のほか、2010年には高津消防署副署長を経験。「高津に縁があるのかな」と、柔和な笑みが広がった。

 ○…「市民の役に立ち、多くの人に感謝される仕事をしたい」。その一心で市消防局に採用されると、救急対応のほか、ガソリンスタンド設置の許認可事務など危険物関係業務に長年取り組んだ。消防庁への派遣も経験し、新潟県中越地震発生時には、東京からヘリで新潟の対策本部に急行。次々に飛び込む被害情報の把握と、迅速な要員配置に迫られる現場を体験し「行政機関同士が力を合わせ、連携を密にするのが大切」と痛感したという。

 ○…群馬県高崎市生まれ。調布市に移り住み、幼少期を過ごした。中学時代、夢中になったのは器械体操。きっかけは東京、メキシコ五輪などで数々の金メダルを獲得した日本体操勢の勇姿だった。「特に、当時大活躍した加藤澤男選手に憧れた。中1で初めてバク転ができたとき、すごく嬉しかった」と振り返る。大学時代にはスキーに熱中。毎年長期休暇には、長野県の民宿で住み込みのアルバイトに勤しみながら、ゲレンデの滑走を楽しんだ。

 ○…子ども2人を育て上げ、現在は愛妻、愛犬との暮らしを楽しんでいる。「趣味は専ら犬の散歩」と笑顔で話す。今後の目標は、高津署の若手、中堅職員の育成だ。「各人の隠れた才能を見逃さず、それを生かせる環境づくりに取り組みたい」。チームの連携を大切に、新たなリーダーとしての挑戦が続く。

高津区版の人物風土記最新6

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

古渡 智江さん

声楽家(ソプラノ歌手)として、長きにわたって地域に元気を届けてきた

古渡 智江さん

末長在住 73歳

2月19日号

中根 一(まこと)さん

「高津区認知症連携を進める会」主宰者の一人で、啓発オンライン講座を開催している

中根 一(まこと)さん

二子在勤 59歳

2月12日号

新井 文人さん

川崎青年会議所の第71代理事長に就任した

新井 文人さん

川崎区在住 36歳

2月5日号

内藤 岳史さん

電子機器分野で国内屈指の技術力を誇る地元・新作の製造会社の代表を務める

内藤 岳史さん

新作在勤 49歳

1月22日号

伊藤 博幸さん

高津警察署への抗菌・抗ウイルス対策を無償で行い、感謝状が贈られた

伊藤 博幸さん

溝口在勤 48歳

12月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク