高津区版 掲載号:2014年4月25日号 エリアトップへ

「日本の仕組みは地方から変える」No.11企画・製作/小川あきのぶ事務所 始まります。新たな子育て支援 川崎市議会議員(みんなの党) 小川あきのぶ

掲載号:2014年4月25日号

  • LINE
  • hatena

 新たな年度を迎えました。子育て世代の一人として子育て支援の拡充に取り組み中です。今回は平成26年度から始まる新たな支援策について。

Q.もう一度子育て支援の必要性を聞かせてください。

A.いま、日本の社会保障費の8割は高齢者と医療に費やされています。社会保障を支えるのは現役世代。よって、高齢者に対して現役世代が著しく少なくなると制度の維持が厳しくなります。社会保障と財政を維持するには、子育てを社会で支え、将来の納税者を育てることを”いま”やらなければなりません。

Q.川崎市で新たに始まる子育て支援とは?

A.注目しているのは産後ケアと待機児童対策です。

Q.産後ケアはかねてから実現を求めていました。今回どのような形で実現するのでしょう?

A.出産直後の母親への支援が産後ケアで、既存の助産院や助産師を活用して、今年の10月をめどに実現する予定とのこと。出産直後は身体的も精神的にも疲労しており、このことと児童虐待の発生が乳児期に集中していることは無関係ではないでしょう。よって、児童虐待の防止にも産後ケアは役立つのではないでしょうか。

Q.待機児童対策についてはいかがでしょうか?

A.保育所を新たに整備するのは時間とお金がかかります。さしあたり、認可外保育所の有効活用が即効性のある対策です。したがって、今年度から川崎認定保育園(認可外)の保育料補助を月5千円から2万円へと増額しています(3歳未満・所得制限あり)。

 これからも財政の全体最適を念頭におきつつも、「こんな支援策があれば」といったご意見があれば積極的にお聞きし、議会を通じて実現してまいります。

小川あきのぶ

神奈川県川崎市高津区下作延4-28-29

TEL:044-852-6212

http://ogawaakinobu.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載232回

「くにこ」の県庁見聞録

新年の徹夜県議会

1月15日号

身近な公園と防災機能を考える

市政報告

身近な公園と防災機能を考える

川崎市議会議員(公明党 )平山こうじ

1月15日号

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

数値でみる川崎と高津 No.68 シリーズ

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

1月8日号

コロナ危機を乗り越える新しい社会へ

県政報告

コロナ危機を乗り越える新しい社会へ

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

1月1日号

市民のより良い暮らしを求めて

市政広告

市民のより良い暮らしを求めて

日本共産党 川崎市議会議員 小堀しょうこ

1月1日号

川崎の未来へ。動く、進める。

「令和6年」市制100年 未来に残す価値 100年後も存在する価値 新春市政報告

川崎の未来へ。動く、進める。

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク