高津区版 掲載号:2014年4月25日号 エリアトップへ

区協働・提案事業 「ブックスタート」など認定 市民と行政で課題解決へ

社会

掲載号:2014年4月25日号

  • LINE
  • hatena

 高津区はこのほど、市民と行政の連携で地域のさまざまな課題解決を進める「高津区協働事業提案事業」の2014年度選考結果を公表した。今回は子育て支援、スポーツ促進、地域史の伝承活動の3件に決定した。

 同事業はいくつかのテーマから選ぶ「事業提案部門」と、区が特定の課題を設定し、解決に取り組む事業者を募集する「事業パートナー部門」の2部門で構成。今回は両部門で計5団体から応募があった。

 審査の結果、事業提案部門にはNPO法人「子育て支えあいネットワーク満」「チャレンジドサポートプロジェクト」の2団体、事業パートナー部門にはNPO法人「市民文化パートナーシップかわさき」が認定された。区は各団体への事業費援助をはじめ、関係団体との連携促進、活動の広報などを支援する。

絵本を贈り、子育て応援

 子育て支えあいネットワーク満は、絵本を通じて親子を支援する「たかつDEブックスタート」事業に取り組む。ブックスタートとは、英国発祥の子育て応援活動。赤ちゃんとその保護者に絵本を贈呈し、親子の絆を育む一助にする。

 「たかつDEブックスタート」では、3カ月検診の通知書類に絵本の引換券を同封。区内の子育て支援センターに引換券を持参した保護者に絵本を手渡す。同団体の河村麻莉子さんは「『生まれてきてくれて、ありがとう』の思いを込めてプレゼントする。皆で子どもを育てていける地域にしたい」と意欲を見せた。

皆でスポーツ、健康促進

 チャレンジドサポートプロジェクトは「チャレンジ2014『スポーツしよう!表現しよう!』」を実施する。高齢者や障害のある人たちなど誰もが参加できる簡単なソフトボール、リズム運動イベントなどを開催。スポーツを通じて皆が暮らしやすい社会づくりに取り組む。今泉修一事務局長は「スポーツを通じ、障害への理解を深めてもらいたい。皆さん、楽しく体を動かしましょう」と呼び掛けている。

梶ヶ谷周辺の「記憶を伝承」

 「地域のこぼれ話を拾う〜梶ヶ谷周辺編〜」を進めるのは市民文化パートナーシップかわさき。昨年度の二子地域に続き、今年度は梶ヶ谷、末長、新作に長年暮らす区民15人を目標に取材する。地域の歴史や個人の体験談などを記録し、区のウェブサイトで公開するという。同団体の小倉敬子事務局長は「高齢者の記憶を後世に残したい。特に多くの若者に『個人の記憶』を伝えたい」と話した。

高津区版のトップニュース最新6

剪定技術で“匠”に

子母口在住 小林政春さん

剪定技術で“匠”に 社会

かわさきマイスターに認定

1月22日号

高津区は341人

川崎市の新型コロナ陽性者

高津区は341人 社会

川崎区に次ぐ多さ

1月22日号

火災・救急 減少傾向に

高津消防署管轄内

火災・救急 減少傾向に 社会

放火・こんろが出火原因上位

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 社会

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

守った「正月風景」

宇奈根「カワサキ・スイミングクラブ」

守った「正月風景」 文化で

恒例の初泳ぎ、今年も

1月8日号

区民の暮らしに「安定」を

区民の暮らしに「安定」を 政治

鈴木区長が抱負語る

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク