高津区版 掲載号:2014年6月20日号 エリアトップへ

高津青年会議親睦会の初代会長を務める 吉崎 寛さん 二子在住 61歳

掲載号:2014年6月20日号

  • LINE
  • hatena

気迫で前進あるのみ

 ○…高津のまちづくりに携わり45年間もの歴史を持つ高津青年会議が今年4月で休会した。これに伴い、同会OB会が組織を改編し、設立した「高津青年会議親睦会」の会長を務める。任期は2年間。「高津青年会議親睦会は、OBと現役が一つになった会。まずは組織づくり。とにかく2年間で組織だけはつくりあげたい」とする一方、「会が一つになった以上、若手からあがってきた意見は、やってみる。やる前から無理というのはダメ。とにかくやってみて、悪かったら手直し。最初からあきらめない」と熱く抱負を語る。

 ○…高津青年会議には20歳前から入会し、20年8カ月にわたり、まちづくりに勤しんだ。地元の先輩から誘われての入会。「いろんな意見がぶつかりあい、まちづくりに対する情熱があふれていた」と当時を振り返る。区民祭の開催が会の活動として注目されるが、道路や交通標識、カーブミラーの清掃など地道な、目立たない活動を重ねてきた。この積み重ねがあるからこそ今がある。活動の原動力は「地元が好き、地元を良くしたい」という想いだ。

 ○…地元生まれの地元育ち、大山街道に代々続く家の17代目。家は氷屋を営んでいた。小学生当時は木の冷蔵庫が一般的で、スーパーに新しい氷を入れ替える配達の手伝いをしていたという。現在は父が新たに興した屋根・瓦屋を継いだ。

 ○…趣味は夫人との登山で、富士山や大山などを登った。日が落ちて暗くなっても歩き続けるという。「戻ることが好きじゃない。来た道は戻りたくないんだよね。『いつか遭難するぞ』といわれているけど」と苦笑い。好きな言葉は「気迫」なのだとか。「気迫があれば、ぶれない。他人に何を言われても自分で決めたことは曲げたくない」。人から頑固と言われることもあるが、確固たる信念を持つリーダーの言葉に迷いはない。「やるからには戻りたくない。気迫をもって前に進むしかない」

高津区版の人物風土記最新6

小黒 俊子さん

40年以上にわたり主婦目線からの「住みよい街づくり」を標榜する

小黒 俊子さん

諏訪在住 70歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

石塚 靜さん

LED技術を用いて高津区内で桜のライトアップを手掛ける

石塚 靜さん

中原区在住 75歳

3月20日号

水島 涼太さん

俳優として、一人芝居「看取り」を溝ノ口劇場で初めて上演する

水島 涼太さん

多摩区在住 68歳

3月13日号

柏木 靖男 さん

千年町会会長を務め、川崎市自治功労賞を受賞した

柏木 靖男 さん

千年在住 78歳

3月6日号

宮寺 貞文さん

「高津区市民健康の森を育てる会」の会長を務める

宮寺 貞文さん

久地在住 72歳

2月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その3 高品千鶴子さん

    4月3日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その2 高品千鶴子さん

    3月27日号

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.2  「塗装業者選びの判断基準」とは?【1】

    3月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク