高津区版 掲載号:2014年7月18日号 エリアトップへ

寄 稿 東日本被災地を忘れない 川崎市議会議員 いのまた美恵

掲載号:2014年7月18日号

  • LINE
  • hatena
いのまた 美恵
いのまた 美恵

 2011年東日本大震災から3年が過ぎました。

 25万人近くの人たちが今なお仮設住宅等で避難生活を続けておられます。7月の被災地視察報告と2回シリーズで寄稿します。

 今回は復興予算についてです。「東日本大震災復興特別会計」が2012年に立ち上がり、国は5年間で少なくとも19兆円投じる方針を打ち出しました。しかしその使い道では、コンタクト工場支援、反捕鯨団体対策費、日本原子力研究開発機構運営費など国会でも問題指摘されました。

 予算のうち10兆円近くは全国民の所得税や住民税に上乗せして財源を確保するとしています。これは全国自治体で防災事業に使われます。

 2013年1月から25年間、所得税額の2・1%と2014年6月から10年間市民税均等割り分に500円、県民税均等割り分に500円合計年間1000円が上乗せされています。これによって川崎市の増税分は毎年約3・6億円見込まれています。これは公共施設の耐震化や備蓄倉庫整備、デジタル無線等防災事業に使われますが、払う市民にとっては消費税の値上げや年金・介護保険の見直しなど負担が重く圧し掛かっているうえに更なる増税でとても厳しいです。

 私はこの復興予算には議会で反対の意思表示をしています。

 その理由は、全国自治体で防災事業を一斉に手がければ、被災地に必要な工材や人材が届かなくなる。現にいま、被災地では工材、人材の不足や高騰が起きています。もう一つの理由は、復興を冠にしているだけで、国は被災地復興よりも公共事業による景気回復に主眼を置き、各省庁が復興便乗分捕り予算を組んでいることです。今は被災地を最優先に取り組むべきです。

 皆様からのご意見をお待ちしています。

猪股美恵

川崎市高津区久本2-5-3

TEL:044-866-7912
FAX:044-866-7912

http://www.mie-inomata.org/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

過去最大規模の予算が成立

県政レポート

過去最大規模の予算が成立

神奈川県議会議員 斉藤たかみ

4月2日号

 狭すぎる?広すぎる?川崎市

数値でみる川崎と高津 No.72 シリーズ

 狭すぎる?広すぎる?川崎市

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

4月2日号

新型コロナ対策に積極提言‼

市議会報告 みらい川崎市議会議員団

新型コロナ対策に積極提言‼

3月26日号

「第2弾川崎じもと応援券」の審議について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 58

「第2弾川崎じもと応援券」の審議について

川崎市議会議員 さいとう伸志

3月26日号

「第4波」の防止を!

数値でみる川崎と高津 No.71 シリーズ

「第4波」の防止を!

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

3月26日号

コロナワクチン接種の現状

市政報告

コロナワクチン接種の現状

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter