高津区版 掲載号:2014年10月3日号 エリアトップへ

高津物語 連載第八六二回 「いやのめ」

掲載号:2014年10月3日号

  • LINE
  • hatena

 久地伊屋之免遺跡に使われた「いやのめ」を調べているが、『新編武蔵風土記稿』の長尾村の項に「東西凡十五町半、南北へは二十三町に余れり。村内大抵二区に分れ、南の方を神木長尾と云山丘多くして渓谷あり、されば近き頃土俗改めて谷長尾と呼べり。この辺、地形高低ありて旱損(著者註―「かんそん」と読み、意味は「日照りのために生じた田畑の損害の患あり」)とある。現在の状況を述べると、南武線津田山駅を下車して緑ヶ丘霊園を北方に進んで行くと、霊園の最終地点の北端に行き着く。

 そこから左の道に北に向って歩いて行くと、左側に「神奈川県立東高根森林公園」の降り口がある。

 そのまま、さらに北に向い歩いて行くと「東名高速道路」にぶつかる。

 下を東名川崎インターに向かう車を見ながら、東名に掛かった陸橋を渡り、多摩区長尾に入る。

 長尾はもとは「高津区」だったが、住民投票で「多摩区」に編入替えになった場所だった…等と考えながら陸橋を渡り切る。

 陸橋の右の方向に、東名高速道路の出来る前、この辺りの野の仏として、住民の祈りの対象であっただろう野の地蔵様、三・四体が綺麗に安置されているのに出会い、嬉しくなった。

 早速、同行の人々とニコニコ顔で写真に収まった。

 民俗学では「いやのめ」をどう解釈し、どう定義付けるのか―手許の『日本民俗語大辞典』で調べてみたが、「いやのめ」の語句全部は出てこなかったが、「いや」は「祖・禮・親」の語源で、徳島県の「祖谷山(いややま)」の「祖」を、子音イヤを保ち、大分県直入郡では、叔父をイヤサマ、和歌山県日高郡では、巡査をイヤサンと呼ぶ。このように礼をすることが古くはイヤであった様で、本家をイヤ・イヤネ(イヤの家)というのもこれだ、という。「親」が敬われる人であった様に、イヤはその礼を受ける家・人の名でもあったイヤ・ウヤ共に敬礼する時の音声を、写したものかとある。長尾の東名高速道路を渡るとき、ここが高い山だとすれば、「イヤノメ」は「祖・禮・親」の存在だった様な気がした。
 

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その3 加藤 孝市さん

7月5日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

6月28日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その2 加藤 孝市さん

6月28日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その1 加藤 孝市さん

6月21日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その4 英 径夫さん

6月14日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その3 英 径夫さん

6月7日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

5月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その3 加藤 孝市さん

    7月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク