高津区版 掲載号:2014年10月3日号 エリアトップへ

第5期高津区区民会議の委員長に就任した 冨田 誠さん 坂戸在住 66歳

掲載号:2014年10月3日号

  • LINE
  • hatena

『好きこそ物の上手なれ』

 ○…行政と区民が協同で区の課題解決に取り組む「高津区区民会議」の第5期が7月にスタートし、委員長に就任した。任期は2016年6月末まで。区民会議は第1期から全て携わってきた。委員は5期までという「しばり」があるため「最後のご奉公」なのだとか。「非常におもしろく、やりがいがある。区民のためになることを実現させたい。各種団体のコーディネート役を担いたい」と委員長としての抱負を語る。

 ○…高津区に住んで33年。区民会議以外にも自治会の会長や高津区社会福祉協議会の副会長を務めるなど様々な地域の活動に携わる。サラリーマンから独立し自営業を始めるタイミングで「自治会長を務めてほしい」と打診があった。人とかかわることが嫌いじゃない性格。誰もやる人がいないなら、と引き受けた。「好きで楽しんでやらせていただいている。『あんなこと、こんなことやってみたい』が、100%じゃないけど実現できる。創造できる仕事」と”地域活動”の醍醐味を語る。

 ○…インタビュー中、冗談を飛ばして笑いを誘う。区民会議の席でも同様なのだろう。「場の空気を和ませたい」という姿勢が染みついているようだ。温厚で親しみやすい。それでいて懐の広さも伝わってくる。趣味といえるものはないらしいが、たまにクラシックのコンサートに足を運ぶという。「半分くらいは夢の中」で楽しむのだとか。チケットは前売りでは買わず、必ず当日券のみ。「何があるか分からないから」。地域の活動のためにスケジュールは必ず空けておくのがポリシーだ。

 ○…「子どもたちの笑顔あふれるまち」が基本的な考え。「皆が挨拶できる地域コミュニティの構築にも取り組みたい」と意気込む。「責任、役割は簡単にできない。努力をする人がいないと次の世代には渡せない」。未来の高津を託せる人の育成も視野に入れ、まちの未来に思いを馳せる。
 

高津区版の人物風土記最新6

村田 俊一さん

今春、高津区役所橘出張所の所長に就任した

村田 俊一さん

千年在勤 58歳

7月5日号

持田 稔さん

高津消防団の第12代団長に就任した

持田 稔さん

下作延在住 65歳

6月28日号

森 繁昭さん

今春、高津区老人クラブ連合会会長に就任した

森 繁昭さん

下野毛在住 75歳

6月21日号

松下 彩花さん

4月のオープンウォータースイミングアジア選手権10Kmの部で優勝した

松下 彩花さん

諏訪在住 26歳

6月14日号

井田 政男さん

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す

井田 政男さん

川崎漁協高津地区所属 75歳

6月7日号

中川 美穂さん

どんなもんじゃ祭のチラシを制作する

中川 美穂さん

久地在住 44歳

5月31日号

大橋 雄人さん

大蓮寺の住職でユニークな仏教講座などを企画する

大橋 雄人さん

久本在住 37歳

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その3 加藤 孝市さん

    7月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク