高津区版 掲載号:2014年10月10日号 エリアトップへ

国民体育大会の競泳50m自由形で2位入賞を果たした 伊賀崎 ひかるさん 北見方在住 17歳

掲載号:2014年10月10日号

  • LINE
  • hatena

夢くれる競泳に一途

 ○…悔しいながら、意味のある「2位」だ。国体に競泳50m自由形で出場した。予選は1位通過。決勝は予選2位の選手に敗れた。努力不足な面もあったかもしれないが、やりきったという気持ちは強い。「プールの壁にタッチした時、自分の泳ぎができたと思いました」。言葉には興奮が混じる。今までは緊張で本来の力を発揮できなかった大会もあった。しかし今回は、自己ベストタイムを記録。苦い経験を乗り越え、大きく成長を遂げた大会となった。

 ○…幼い頃から、泳ぐことが好き。5、6歳からスイミングクラブに通い、小学1年からは大会出場選手の養成コースで練習を積み、全国出場も経験。「ただただ、楽しくて泳ぎたかった」と、当時を振り返る。しかし、中学で初めて挫折を味わった。2年生になると、自己ベストが伸びなくなった。水泳が「つまらない」と悩んでいた自分を奮い立たせたのは、周囲の支えだった。「学校の先生や周りの人が『がんばってるのはわかってる』と励ましてくれ、ここでやめちゃダメだと思いました」。そして3年生の時、現状打破のため、それまで取り組んでいた200m個人メドレーから、現在の種目への転向を決意し、遂に花開いた。

 ○…あどけない笑顔とは裏腹に、負けず嫌いでストイック。「練習は人より少しでも多く。自分を追い込みたい。努力しないと天才には勝てない」。あまりの追い込みように、起きるのが辛い朝もあるが、「楽しい」とにっこり笑う。区内北見方から白鵬女子に通う。競泳生活の支援体制が整うだけでなく、保育・福祉コースで学べることも進路選択の理由の一つ。水泳を続けながら、保育園の先生になるのが夢だという。

 ○…将来は、日本代表としてオリンピックに出るのが目標だ。「泳ぐことで私は夢を見ることができる。今の私にはなくてはならないものです」。ゆるぎない瞳がキラリと輝いていた。

高津区版の人物風土記最新6

村田 俊一さん

今春、高津区役所橘出張所の所長に就任した

村田 俊一さん

千年在勤 58歳

7月5日号

持田 稔さん

高津消防団の第12代団長に就任した

持田 稔さん

下作延在住 65歳

6月28日号

森 繁昭さん

今春、高津区老人クラブ連合会会長に就任した

森 繁昭さん

下野毛在住 75歳

6月21日号

松下 彩花さん

4月のオープンウォータースイミングアジア選手権10Kmの部で優勝した

松下 彩花さん

諏訪在住 26歳

6月14日号

井田 政男さん

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す

井田 政男さん

川崎漁協高津地区所属 75歳

6月7日号

中川 美穂さん

どんなもんじゃ祭のチラシを制作する

中川 美穂さん

久地在住 44歳

5月31日号

大橋 雄人さん

大蓮寺の住職でユニークな仏教講座などを企画する

大橋 雄人さん

久本在住 37歳

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その3 加藤 孝市さん

    7月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク