高津区版 掲載号:2014年10月17日号 エリアトップへ

地元NPO高津区 ブックスタートで絆作り 絵本を親子に無料提供

文化

掲載号:2014年10月17日号

  • LINE
  • hatena
絵本に興味津々な赤ちゃん
絵本に興味津々な赤ちゃん

 「赤ちゃんとママに、絵本を開く楽しいひと時を届けたい」―。今年度の高津区協働事業提案事業として、NPO法人「子育て支えあいネットワーク満」は、親子に絵本を無料提供する「たかつDEブックスタート」を進めている。市民が主体となり、区と連携した協働・提案事業としてブックスタートを実施するのは市内で初めて。

 ブックスタートとは1992年、英国発祥の子育て応援活動。赤ちゃんと保護者を対象に絵本を提供し、読み聞かせを通じた親子の絆づくりに役立てる。

 「たかつDEブックスタート」は、同NPOの提案で今年度から始動。7月から来年3月末までに3カ月健診を受ける子どもを持つ保護者を対象に、絵本を無料で提供する。保健福祉センターから郵送される3カ月健診案内状に、絵本の引換券を同封。絵本は区内8カ所にある地域子育て支援センターで受け取る。

 7月から絵本の配布を開始したところ、受け取った母親たちからは「絵本を読むと、赤ちゃんでも意外と聞いてくれるんですね」「毎日読み聞かせしています」との声が上がっているという。協働で同事業を進める区のこども支援室は、利用者からの好評価について「良い形で進んでいる」とした。支援センターの来場者増にもつながるという。

利用者数拡大に意欲

 一方、ネットワーク満は今後の課題として、絵本受け取りへの呼び掛けの活性化を挙げる。7月から来年3月末までの事業期間中、対象者数が1800人とされる中、支援センターで絵本を受け取ったのは、8月末現在までの2カ月間で計77人にとどまっている。

 現在、育児に励む親と区が協働で発行する子育て情報紙「あったか通信」を通じて事業の周知を図っているが「より一層の広報活動に尽きる」と同NPO。3カ月健診会場での来場者への呼び掛けにさらに力を入れるなど、今後の活動に励みたいという。

 ネットワーク満の北素子さんは「読み聞かせは0歳児との意思の疎通になる。お気軽にご利用ください」と呼び掛けている。ブックスタートに関する問い合わせは、北さん(【携帯電話】090・5438・5413)へ。
 

高津区版のトップニュース最新6

創立50周年、地域と共に

久末小学校

創立50周年、地域と共に 教育

記念式典に多数の来賓

11月15日号

多摩川の景観取り戻せ

アマゾン川崎FC

多摩川の景観取り戻せ 社会

台風被害受け、市民と協働

11月15日号

区内2団体が入賞

川崎市 温暖化対策表彰

区内2団体が入賞 社会

優れたエコ活動に高評価

11月8日号

令和初の栄冠、誰の手に

高校生バンド王 決定戦

令和初の栄冠、誰の手に 文化

「溝ノ口劇場」裏方で尽力

11月8日号

「川崎の歌姫」起つ

台風19号復興支援

「川崎の歌姫」起つ 社会

自身被災も“旗振り役”に 

11月1日号

交通事故死、県内最多2位

高津区

交通事故死、県内最多2位 社会

「2輪車絡み」8割

11月1日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その2 河原 定男さん

    10月25日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク