高津区版 掲載号:2014年10月17日号 エリアトップへ

川崎市 妊娠出産を包括支援 助産所に事業委託

掲載号:2014年10月17日号

  • LINE
  • hatena

 妊娠や出産の環境を充実させようと、川崎市で今月1日、妊娠・出産包括支援モデル事業が始まった。市は川崎市助産師会に事業を委託し、包括的な支援を展開する。事業を検証し、来年度から本格的に事業を実施する計画。

 川崎市助産師会の岩田美也子会長は「産後の母親にとっては授乳がうまくいかないといった精神面の不安も大きい。出産した病院はマンパワー不足で十分なケアを受けられないまま退院するケースも多く、その後のフォローが大切」と支援の必要性を訴える。

 今回のモデル事業は、市内在住の妊産婦と生後4カ月未満の乳児が対象。助産所などに母子保健コーディネーターを配置し、妊産婦からの電話相談に対応する。助産所などで子育て広場を開催し、育児知識の普及や情報提供を図る。また母体の体力回復や乳児をケアするため、宿泊型と訪問型の産後ケアも提供する。宿泊は市内の協力助産所8施設で受け入れる。

 川崎市市民こども局の担当者は「川崎市内は転出入者が多く、赤ちゃんと接する経験が少ないまま親になる人も多い。出産で初めてのことばかりで、専門家のアドバイスは安心感につながる。既存の制度も活用しながら支援の必要な人につなげていきたい」と話している。

 産後ケアは宿泊の場合、1泊2日から6泊7日まで利用でき、一般世帯の自己負担は1日1万円。訪問の場合、1回2時間で一般世帯の自己負担は6千円。但し、生活保護世帯は自己負担なし。

 利用の相談、申し込みは川崎市助産師会産後ケア事業部(【電話】044・819・4635/月曜〜金曜日の午前10時〜午後4時)。

 同事業の問い合わせは同局こども家庭課担当(【電話】044・200・2450)。
 

高津区版のトップニュース最新6

創立50周年、地域と共に

久末小学校

創立50周年、地域と共に 教育

記念式典に多数の来賓

11月15日号

多摩川の景観取り戻せ

アマゾン川崎FC

多摩川の景観取り戻せ 社会

台風被害受け、市民と協働

11月15日号

区内2団体が入賞

川崎市 温暖化対策表彰

区内2団体が入賞 社会

優れたエコ活動に高評価

11月8日号

令和初の栄冠、誰の手に

高校生バンド王 決定戦

令和初の栄冠、誰の手に 文化

「溝ノ口劇場」裏方で尽力

11月8日号

「川崎の歌姫」起つ

台風19号復興支援

「川崎の歌姫」起つ 社会

自身被災も“旗振り役”に 

11月1日号

交通事故死、県内最多2位

高津区

交通事故死、県内最多2位 社会

「2輪車絡み」8割

11月1日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その2 河原 定男さん

    10月25日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク