高津区版 掲載号:2014年10月17日号 エリアトップへ

9月に行われた国民体育大会の競泳200m平泳ぎで3位入賞を果たした 三田村 美乃さん 下作延在住 17歳

掲載号:2014年10月17日号

  • LINE
  • hatena

芯の強さで未来広げる

 〇…決勝レースでは、泳ぎながら「タイムがどれくらい出るんだろう」という期待もあった。タッチの瞬間、3位入賞と自己ベスト更新を知った時の興奮は今でも忘れられない。「もう、とにかく驚きと嬉しさで」と笑顔を見せる。「水泳の楽しさは自己ベストを出した時」と一言。来春行われるジュニアオリンピックが高校最後のレースとなる。「日本選手権(出場条件の)の標準タイムを切りたい」と抱負を語る。

 〇…0歳からカワサキスイミングクラブに所属していた。「キックで一気に進める所が面白い」と平泳ぎが得意種目に。中学3年間は全国に出場し頭角を現すが、タイムが伸び悩んだ。「練習嫌だなって思っていた」という。転機となったのは、水泳強豪校へ進学した高校1年の夏。インターハイ予選でまさかの都大会敗退。活躍する同級生の中で「取り残されている気がした」と悔しさがこみ上げた。「ここで踏ん張らなきゃ」と練習への気持ちが変化。体幹の強化と食事で体重を4キロ減量。結果が現れたのは1年後の予選会。自己ベストを4年振り、2秒以上更新。「すごく嬉しかった」。その夏、インターハイ出場を果たした。

 〇…5人家族、3姉妹の真ん中。姉妹は仲が良く、同じく平泳ぎ選手の妹には「たまにアドバイスも」。高校は毎朝7時の電車で通学。「友達と変なことし合って動画で撮り合う」ことが流行だとか。大会がひと区切りする秋は、友人とディズニーランドへ行くことが恒例だ。「スプラッシュマウンテンが好き。閉園ギリギリまで楽しむ」と女子高生らしい一面ものぞく。

 〇…卒業後は大学へ。将来の職業について、ケガをした時に知った理学療法士に興味を抱く。「選手のサポートができるし、悩みも女の人なら話しやすいこともあると思う」。自身の経験を活かす道を模索中だ。大学4年間は競泳生活を続ける。「どこまでレベルを上げられるか挑戦したい」
 

高津区版の人物風土記最新6

小黒 俊子さん

40年以上にわたり主婦目線からの「住みよい街づくり」を標榜する

小黒 俊子さん

諏訪在住 70歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

石塚 靜さん

LED技術を用いて高津区内で桜のライトアップを手掛ける

石塚 靜さん

中原区在住 75歳

3月20日号

水島 涼太さん

俳優として、一人芝居「看取り」を溝ノ口劇場で初めて上演する

水島 涼太さん

多摩区在住 68歳

3月13日号

柏木 靖男 さん

千年町会会長を務め、川崎市自治功労賞を受賞した

柏木 靖男 さん

千年在住 78歳

3月6日号

宮寺 貞文さん

「高津区市民健康の森を育てる会」の会長を務める

宮寺 貞文さん

久地在住 72歳

2月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その4 高品千鶴子さん

    4月10日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その3 高品千鶴子さん

    4月3日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月10日号

お問い合わせ

外部リンク