高津区版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

「日本の仕組みは地方から変える」No.16企画・製作/小川あきのぶ事務所 何が変わる?子ども・子育て支援新制度 川崎市議会議員(みんなの党) 小川あきのぶ

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena

 平成27年度4月から子ども・子育て支援新制度が始まります。認定こども園の普及や小規模保育事業等の活用などによって子育てを支援する仕組みですが、手続きなどが少し変わります。ここでは川崎市のホームページを参考に、認可保育所を利用する場合の手続きについて見てみます。

Q.まずやるべきことは?

A.保育の必要性の認定を受ける必要があり、その申請を区役所・支所で行わなければなりません。平成27年度分の申請は、窓口なら10月14日から11月28日まで、郵送なら10月14日から11月18日消印有効だそうです。ただし、事前に窓口で相談を受けることや保育所の見学をしておくことを強く勧めています。

Q.支給認定証の発行とは?

A.書類に不備がなければ、おおむね1カ月程度で「支給認定証」が発行され、申請者に郵送されます。すなわち、保育の必要性が認定されたということなのですが、だからといって認可保育所を必ず利用できるわけではないので注意が必要です。従来通り利用調整は行われます。

Q.利用調整とは?

A.12月から1月にかけて利用調整が行われますが、新制度に変わるにあたって利用調整の基準に少し変更があるようです。その後、利用調整結果通知が郵送され、入所内定であった場合、入園前健診の案内も同時に送られるようです。一方、入所内定でなかった場合、区役所・支所でアフターフォローを受けることができ、空きのある認可保育所やその他の保育施設に関する情報が得られるようです。

 なお、認可保育所の利用を申請している場合、入所決定・保育料決定通知書が3月に送られてきて、利用が可能となります。

 大まかに手続きの流れを示しましたが、まずは区役所の窓口を訪れ、事前相談するのがよさそうです。
 

小川あきのぶ

神奈川県川崎市高津区下作延4-28-29

TEL:044-852-6212

http://ogawaakinobu.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

平瀬川護岸工事、早急の取組を

県政報告

平瀬川護岸工事、早急の取組を

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

10月11日号

川崎は「公害のまち」?

数値でみる川崎と高津No.53 シリーズ

川崎は「公害のまち」?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

10月4日号

平成30年度一般会計決算について

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊹

平成30年度一般会計決算について

川崎市議会議員 さいとう伸志

9月27日号

「くにこ」の県庁見聞録

連載223回

「くにこ」の県庁見聞録

女性活躍推進議連

9月13日号

過去最高を更新した市税収入率

数値でみる川崎と高津No.52 シリーズ

過去最高を更新した市税収入率

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

9月6日号

自衛隊への名簿提出中止を

市政報告

自衛隊への名簿提出中止を

日本共産党 川崎市議会議員 むねた裕之

8月30日号

札幌市の不妊治療支援事業・不育症治療費助成事業について

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊸

札幌市の不妊治療支援事業・不育症治療費助成事業について

川崎市議会議員 さいとう伸志

8月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その2 山田 義太郎さん

    9月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク