高津区版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

アジア大会水泳競技 高津区からメダリスト 赤瀬さん金、荒井さん銀

スポーツ

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena
メダルを手に福田市長を表敬訪問した両選手
メダルを手に福田市長を表敬訪問した両選手

 韓国・仁川アジア競技大会の競泳女子200m背泳ぎで金メダルを獲得した橘中出身の赤瀬紗也香選手(日本体育大学2年)と銀メダルを獲得した男子水球チームの代表メンバーで、西高津中出身の荒井陸選手(同3年)が21日、川崎市役所で福田紀彦市長を表敬訪問した。

 ジュニア以外の国際大会で初の金メダルを獲得した赤瀬選手は「正直びっくりした。タイムには納得していないが、嬉しい気持ちもある」と報告。男子水球チームの荒井選手は「悔しい気持ちしかなかったが、日本の水球が通用すると実感できたのは良かった」と世界での手応えを語った。

 ともに高津区出身の2人に向けて福田市長は「川崎から金、銀が出ることは大変嬉しい。世界で戦う姿勢を後輩へ伝えてほしい」と激励した。

「代表権獲得を」

 4歳から水泳を始めた赤瀬選手。高校1年でジュニアパンパシフィック選手権優勝など結果を残し次世代のエース候補として期待されている。

 今大会、自己ベストから1秒以上遅れた結果に対し「ラスト50mからのスタミナ不足」を課題に挙げている。来年はリオ五輪の前哨戦となる世界選手権が開催される。「まずは目先の目標をしっかり追う。世界で戦うために、4月の日本選手権で代表権を獲得したい」と意気込みを語った。

「日本の水球見せつけたい」

 荒井選手は小学2年の時、兄の影響を受けて区内のカワサキスイミングクラブで水球を始めた。169cm、62kgと小柄な体型を活かしたスピードを強みに、昨年から日本代表入りを果たしている。

 今大会では日本代表の「徹底的な攻撃型」に手応えを感じた一方「海外選手とフィジカル面の違い」を実感したという。男子水球は、今大会で来年の世界選手権の出場権を得ている。「リオ五輪へのステップだと思い、日本の水球を世界に見せつけたい」と語った。
 

高津区版のトップニュース最新6

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

区内に甚大な被害

台風19号

区内に甚大な被害 社会

560件浸水、犠牲者も

10月18日号

経営秘策「川崎BT(ブレイブサンダース)」に学べ

商工会議所高津支所

経営秘策「川崎BT(ブレイブサンダース)」に学べ 社会

「元沢社長セミナー」に40人

10月11日号

準・絶滅危惧種を発見

たかつ生き物探検隊

準・絶滅危惧種を発見 文化

専門家「見かけるのは珍しい」

10月11日号

半世紀経て「神輿復活」

子母口橘樹神社

半世紀経て「神輿復活」 文化

担ぎ手不足も仕様で解消

10月4日号

求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」

無料養成講座を開催

求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」 文化

「地元に興味持つ契機に」

10月4日号

人材難か?定員6割

高津区民児委員

人材難か?定員6割 社会

最終推薦会向け確保注力

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク