高津区版 掲載号:2014年11月28日号 エリアトップへ

「日本の仕組みは地方から変える」No.17企画・製作/小川あきのぶ事務所 新会派「新しい川崎の会」の取り組み 川崎市議会議員(新しい川崎の会団長) 小川あきのぶ

掲載号:2014年11月28日号

  • LINE
  • hatena

Q.新会派「新しい川崎の会」を今年7月に発足させて3か月が経ちました。新しい川崎の会の現状は?

A.当初は3名で発足しましたが、10月から1名増え4名となりました。「国政の動向に左右されることなく川崎のことを考えたい」という会派の趣旨の通り、現在では全ての議員が国政政党に所属していません。

Q.政策についてはどんな考え方ですか?

A.「教育・子育て・医療・介護」といった分野には特に着目しています。これらは福田市長の公約の中でも重要だとされていた分野で、国においても社会の変化に合わせた制度設計が求められています。中期的には財政の厳しさが増すことは不可避であり、いかにお金をかけずに満足度の高いサービスを提供できるかを、市長との建設的な議論を通じて考えていきます。

Q.地域の役割がさらに重要になりますね。

A.「財政が何とかうまくいっていて、教育・子育て・医療・介護といったサービスが安心して受けられる」。まちが住みやすいかどうかはこれがポイントになります。これを実現していくためには、これからは行政だけではなく地域を巻き込んでいかなければなりません。例えば地域包括ケアも、事業者、地縁組織、ボランティア、住民などの連携がなければ実現できません。ただ、何らかの仕掛けがなければそれも難しいですよね。

Q.12月議会ではどんな質問をしましたか?

A.「教育・子育て・医療・介護」に「財政」を加えてバランスよく質問しています。先に挙げた地域包括ケアについては、地域の連携を促すため対象となる高齢者の情報を適切に共有すべきと主張しました。たしかに市の政策は国の制度に基づくものが多いのですが、制度を実際に運用していくにあたっては、市職員と市議会の腕が試されます。

小川あきのぶ

神奈川県川崎市高津区下作延4-28-29

TEL:044-852-6212

http://ogawaakinobu.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

決算審査特別委員会の総括質疑に立つ

志高く真摯に市政へ 市政リポート 54

決算審査特別委員会の総括質疑に立つ

川崎市議会議員 さいとう伸志

10月23日号

急傾斜地・レッドゾーン安全対策を

市政報告

急傾斜地・レッドゾーン安全対策を

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

10月16日号

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

意見広告

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

 立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月9日号

コロナ禍で「危機的な地域交通」

数値でみる川崎と高津 No.65 シリーズ

コロナ禍で「危機的な地域交通」

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

10月2日号

「高齢者外出支援乗車事業」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 53

「高齢者外出支援乗車事業」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

9月25日号

コロナ禍で注目される 「高津区民の移動範囲」

数値でみる川崎と高津 No.64 シリーズ

コロナ禍で注目される 「高津区民の移動範囲」

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

9月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク