高津区版 掲載号:2014年12月19日号 エリアトップへ

衆院選18区 山際氏(自民)が制す 中田氏の知名度は届かず

政治

掲載号:2014年12月19日号

  • LINE
  • hatena
4回目の当選を決め、万歳をする山際氏
4回目の当選を決め、万歳をする山際氏

 衆議院選挙の投開票が14日に行われ、県内選挙区では最多タイの5氏が立候補した神奈川18区(高津・宮前・中原の一部)は、自民党の山際大志郎氏(46)が4回目の当選を果たした。元横浜市長の中田宏氏(50)=次世代の党=は議席を確保することができなかった。

 18区はこれまで、山際氏と樋高剛氏(49)=生活の党=がしのぎを削る選挙区だった。そこに元横浜市長の中田氏が名乗りを上げた。共産党に加え、維新の党も候補者を擁立。5氏が乱立する県内屈指の激戦の様相を呈していた。

 知名度の高い中田氏に対抗するため、山際氏の選挙には有名議員、著名人らが次々と投入された。一部報道では「接戦」が報じられていたが、自民党川崎市連の幹部は、「すでに勝利を確信している」と開票を前に手応えを感じていた。

 溝口に構えた山際氏の選挙事務所には、投票時間終了前から本人、支援者が集まり、祝勝ムードが漂う。午後8時、テレビから山際氏の「当選確実」が報じられた。これまで6回の選挙を戦った山際氏だが「即当確」は初の経験だった。

 本紙の取材に対し山際氏は「中田氏は圧倒的な知名度を誇っている。しかし、相手が変わったことで、自分の訴えが変わることはない。皆さんに政治活動を通じて訴えてきたことを選挙でも愚直に繰り返した」と選挙戦を振り返った。

 また有権者に対して「政治ができることは限界がある。アベノミクスは環境整備。メーンプレーヤーは国民一人ひとり。ぜひ、もう一度やる気を出して、経済再生のために、それぞれの立場で汗を流してもらいたい」と呼びかけた。

 中田氏は「全ては私の力不足。手応えは感じてはいたが、それが結果にでなかったことは力が足りていない。誠に申し訳ない」と敗戦の弁を述べ、支援者ら一人ひとりと握手を交わしながら感謝を伝え陳謝した。

 また今後の活動について「日本を立て直したいという思いだけ。今回の選挙を教訓にして前へ、これからにつなげる」と語った。

投票率は過去最低

 投票率は18区計53・34%と18区設置後の選挙(2003年以降)で最低を記録した。高津区の投票率は52・33%、前回選挙より5・75ポイント減。市内では川崎区に次いで低調だった。

敗戦の弁を述べる中田氏
敗戦の弁を述べる中田氏

高津区版のトップニュース最新6

念願のコゼット役に

区内在住加藤さん

念願のコゼット役に 文化

帝国劇場で「レミゼ」公演

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

注意して「点検強盗」

LPガス協会川崎北支部

注意して「点検強盗」 社会

地域一体の防犯姿勢、強調

10月16日号

住宅・商業地 市平均超え

高津区基準地価

住宅・商業地 市平均超え 社会

コロナ禍も上昇維持

10月16日号

13日に「創業70周年」

株式会社ムサシボウル

13日に「創業70周年」 社会

渡邉会長、溝口の遍歴回顧

10月9日号

対策施し今日から開催

高津区文化祭

対策施し今日から開催 文化

公募展「オンライン活用」も

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク