高津区版 掲載号:2014年12月19日号 エリアトップへ

第10回高津区健康づくりのつどいを主催した「元気な高津をつくる会」会長を務める 田邊 弘子さん 北見方在住 58歳

掲載号:2014年12月19日号

  • LINE
  • hatena

笑顔でつくる健康の輪

 ○…食育や体操など、健康促進のための活動に取り組むさまざまな団体が交流を深める、毎年恒例の「高津区健康づくりのつどい」が今年11月末、第10回目を迎えた(中面に関連記事)。テーマは「地域の環、健康の輪、心の和」。約300人が来場し、盛大なにぎわいを見せた。主催する「元気な高津をつくる会」の会長として「10年かけて、イベントは段々と成長してきていると思う。皆が笑顔で楽しんでくれて嬉しい」と満面の笑みで語った。

 ○…市の健康増進計画「かわさき健康づくり21」の推進などを目的に2005年、同会を発足した。現在は健康に関する区内の企業、職能団体、NPOなど25団体で構成。会の設立当初から会長を務めてきた。「メンバーに恵まれました。助けてくれる皆に感謝です」と、また人を引き付ける笑顔が広がった。

 ○…福島県郡山市出身。幼少期、父の仕事の関係で2、3年ごとに県内各地に転々と越した。行く先々で、その土地ならではの料理を知り、食への関心が高まった。短大では食物栄養を専攻し、栄養士の資格を取得。卒業後は都内赤坂見附にある企業の食堂などで調理を担当した。当時の上司に教わった「料理に失敗はない。思った通りにならなかったら、そこから新しくアレンジすれば良い」との教訓を、いまも胸の中で大切にしている。「上手くいかなくても諦めず、考えを立て直しなさい、ということ」。困難に直面してもポジティブに生きていく原動力だ。

 ○…21歳で高津区に移り住み、現在は市内の医院に管理栄養士として勤める健康づくりの専門家。娘2人を育て上げ、孫も2人。趣味は読書で、特にアガサ・クリスティの推理小説を愛読している。今後の目標は「健康づくりのつどいをさらに大きく発展させること。そして地域の健康促進に少しでも役立つこと」。食だけでなく、「笑い」も健康の秘訣。明るい笑顔で高津の健康に光をあてていく。

高津区版の人物風土記最新6

今成 研汰さん

全国高等学校定時制通信制体育大会の自転車競技大会で優勝した

今成 研汰さん

橘中学校出身 19歳

10月15日号

菊地 恒雄さん

『川崎の町名』改訂作業を担う日本地名研究所の事務局長を務める

菊地 恒雄さん

中原区在住 77歳

10月8日号

庄司 佳子さん

川崎市地球温暖化防止活動推進センターのセンター長に7月に就任した

庄司 佳子さん

幸区在住 69歳

10月1日号

高村 優奈さん

「2021ミス・ジャパン日本大会」に 出場する

高村 優奈さん

高津区在住 21歳

9月17日号

大山 隆久さん

北海道美唄市のアンテナショップを自社敷地内に新たに設けた

大山 隆久さん

久地勤務 52歳

9月10日号

鈴木 讓さん

高津区商店街連合会の会長に就任した 「よみがえり」日々成長中

鈴木 讓さん

末長在住 67歳

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook