高津区版 掲載号:2014年12月26日号 エリアトップへ

「日本の仕組みは地方から変える」No.18企画・製作/小川あきのぶ事務所 「地域の寺子屋事業」をモデル実施 川崎市議会議員(新しい川崎の会団長) 小川あきのぶ

掲載号:2014年12月26日号

  • LINE
  • hatena

 「地域の寺子屋事業」がモデル実施されています。地域の人材を活かして学習支援と体験学習・世代間交流を行う事業ですが、高津区では久本小学校がモデル校となっています。

Q.「高津で月食を見る」はどんな体験学習?

A.10月8日、久本小学校で地域の寺子屋事業による体験学習が行われたので、足を運んできました。テーマは「高津で月食を見る」。3年ぶりの皆既月食を見るために集まってきた保護者と子どもは200人を超え、大盛況でした。

Q.当日の様子は?

A.まずは体育館で説明を受けます。「なぜ皆既月食中の月は赤く見えるのか」など、大人でもわからない事もわかりやすく説明してくれます。説明の後、わくわくしながら校庭に出てみるとすでに月が欠けています。その後一時間ほどで、ついに皆既月食がはじまりました。この頃になると飽きてきた子どもたちが校庭を駆け回っていましたが、真っ暗な中、学校に集まったということ自体がきっといい思い出になるでしょう。

Q.子どもたちは体験が不足している?

A.周囲で聞く小学校受験の話の中では、単に「勉強をさせたい」というだけでなく、「色々な体験ができる」ことに魅力を感じている保護者も多いようです。

 たしかに都市化が進んだ川崎市では、いろんな体験ができる遊び場はとても少なくなっているのかもしれません。それでも「地域の寺子屋事業」を通じて保護者にとって魅力的に映る、いろんな体験ができる楽しい学校づくりが進めばいいですね。

 夜しか見ることができない月食は、まさに地域の寺子屋にうってつけのテーマだったようです。大人ですらわくわくしてしまうのですから、子どもたちにとっても本当にいい思い出になったのではないでしょうか。
 

小川あきのぶ

神奈川県川崎市高津区下作延4-28-29

TEL:044-852-6212

http://ogawaakinobu.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「かわさきSDGsパートナー」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 63

「かわさきSDGsパートナー」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

10月22日号

経験と知識、総動員で

インタビュー

経験と知識、総動員で

経済財政・再生担当大臣 やまぎわ大志郎

10月15日号

「変えよう。」

意見広告

「変えよう。」

立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月15日号

過労死ラインの学校現場

数値でみる川崎と高津 No.78 シリーズ

過労死ラインの学校現場

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

10月1日号

「緊急経済対策の取組実績」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 62

「緊急経済対策の取組実績」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

9月17日号

「感染爆発から県民の命を守る」緊急申し入れを知事に提出

県政報告

「感染爆発から県民の命を守る」緊急申し入れを知事に提出

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook