高津区版 掲載号:2014年12月26日号 エリアトップへ

作文コンテスト 高津中生2人が入賞 梅村さんと浅野さん

教育

掲載号:2014年12月26日号

  • LINE
  • hatena
受賞を喜ぶ梅村さん(左)と浅野さん
受賞を喜ぶ梅村さん(左)と浅野さん

 中学生を対象とした「第34回全国中学生人権作文コンテスト神奈川県大会」(横浜地方法務局など主催)と「税についての作文」(国税庁など主催)の表彰式がこのほど行われ、高津中3年生徒2人の作品が入賞した。入賞者は梅村佳奈さん(人権作文県大会金賞)と浅野愛子さん(東京国税局管内納税貯蓄組合連合会会長賞)。

 受賞について「びっくりした」と言う梅村さんが題材にしたのは電車内の優先席の譲り合いだ。優先席に座るサラリーマンが中年の女性に席を譲り、譲られた女性が更に年配女性に席を譲る場面に遭遇した。

 「思いやりが連鎖する印象的な出来事だった」と話す梅村さん。自身は他人に声をかけるのは苦手だという。「でも自分が譲られたら嬉しい。嬉しいと思う人がいるなら譲っていこうと思う」と梅村さんは話す。

 浅野さんは、支払う消費税について「何に使われているのかわからない。払う意味を感じたい」という思いから、「税金を義務ではなく、『善意』で払えるような新たな道はないのか」という独創的なアイデアを提案する内容にまとめた。国税専門官である叔母に取材し、母や塾の先生に見てもらいながら「10回以上書き直した」力作。今回の受賞は「努力が報われて嬉しい」と笑顔を見せた。

 教務主任の山本篤教諭は「客観的な視点や発想の豊かさが表現され、生徒の個性が出ている」と喜んだ。

 人権作文県大会の応募総数は約8万点、税の作文は東京国税局管内約15万点。
 

高津区版のトップニュース最新6

新規ワクチン「打ち止め」へ

高津市民館

新規ワクチン「打ち止め」へ 社会

今後「3回目会場」可能性も

10月22日号

逆境乗り越え、全国へ

坂戸小合唱団

逆境乗り越え、全国へ 文化

新メンバーで「一致団結」

10月22日号

水道の歴史、資料で探る

川崎市給水開始100年

水道の歴史、資料で探る 文化

溝口・ふるさと館で企画展

10月15日号

水位上昇に「警告灯」

平瀬川

水位上昇に「警告灯」 社会

東日本台風受け、区が導入

10月15日号

「プペル」バレエで表現

洗足学園大卒業生ら

「プペル」バレエで表現 文化

本日より動画公開

10月8日号

資源物持ち去り、罰金も

川崎市

資源物持ち去り、罰金も 社会

来年4月施行目指す

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook