高津区版 掲載号:2015年1月23日号 エリアトップへ

(PR)

川崎市 川崎はこんなまち!をプロデュース 新たなシティプロモーションのプラン始動

掲載号:2015年1月23日号

  • LINE
  • hatena

 川崎のシティプロモーションの方針等を定めるプランが4月から実施されるのを前に、川崎市は説明会やパブリックコメントを実施し、市民との意見交換を行う。

 「(仮称)川崎市シティプロモーション戦略プラン」は、市民の川崎に対する愛着や誇りの醸成と川崎の対外的な認知度・イメージの向上を目的に策定。先端産業・研究開発機関の集積や、音楽のまちをはじめとする地域資源を活かした取組など川崎の多彩な魅力を戦略的に発信する。また、川崎は交通利便性の高さなどにより便利なまちと評価されているが、市民の自主的な活動も盛んであり、市民も大きな魅力の一つであることを積極的に発信。市民や企業、行政など多様な主体がコラボする仕組みづくりやコラボにより取組を発展させていくことを目指す。

ブランドメッセージを設定

 川崎の多彩な魅力や今後の方向性を反映した言葉「ブランドメッセージ」を設定するのもポイント。各主体が様々な場面で活用し、市内外に「川崎はこんなまち」を積極的に発信することで「川崎ならでは」を明らかにし、より良い「川崎ブランド」をつくる。   ブランドメッセージは、市民の意見を取り入れて作成・設定し、設定後は市全体で活用して川崎のイメージを定着させていく。活用方法についても、市全体で考えていく予定。

パブコメは2月23日まで1月31日中原区で説明会

 市は新プランのパブリックコメントと説明会を実施。パブリックコメントは1月23日(金)から2月23日(月)まで受け付ける。

 説明会は1月31日(土)午後(説明ブース出展は午前10時から午後4時)、かわさき市民活動センター(中原区)で開催される「ごえん楽市」で行う。「説明会ではシティプロモーション全般に関する疑問・質問も当日受け付けます。気になることがありましたら、お気軽にどうぞ」と市では参加を呼びかける。詳細は、川崎市市民こども局 シティセールス・広報室(【電話】044・200・2473)。
 

川崎はこんなまち!をプロデュース

TEL:044-200-2473

http://www.city.kawasaki.jp/miryoku/

高津区版のピックアップ(PR)最新6

憧れの一台、愛車にするチャンス

メルセデス・ベンツ認定中古車

憧れの一台、愛車にするチャンス

「世田谷南サーティファイドカーセンサー」がフェア開催中

6月14日号

"通い・泊り・訪問"3つのサービスを自由に組み合せ

ななきナーシングホーム野川

"通い・泊り・訪問"3つのサービスを自由に組み合せ

6月14日号

川崎市債投資セミナー

参加無料6月17日から申込受付

川崎市債投資セミナー

7月8日(月) 市コンベンションホール

6月14日号

入退院の薬、介護の相談

丈夫屋メディカル薬局

入退院の薬、介護の相談

6月14日号

「お墓に悩む人に安心を」

川崎市内に 2万柱の合祀墓  費用は公営の半額

「お墓に悩む人に安心を」

眞宗寺・住職が相談を呼び掛け

6月14日号

イス張替えで新品に

イス張替えで新品に

熟練職人が修理

6月14日号

充実の医療体制で「自分らしい生活」

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

音楽と絵本が一体に

音楽と絵本が一体に

23日、市民館でコンサート

6月23日~6月23日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その3 英 径夫さん

    6月7日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク