高津区版 掲載号:2015年1月23日号 エリアトップへ

高津物語 連載第八七八回 「佐藤惣之助と溝口」

掲載号:2015年1月23日号

  • LINE
  • hatena

 佐藤惣之助の詩が「あけぼの」十二号に載っている。



「一月の言葉」



「一月は天馬の様に白い。そして海のように若い。

小児のように青い。

私はその青い田舎の一月が好きだ。 

田舎の人は一月を愛する。尊敬する。

田舎の人は一月を感謝し

称える。

そして祭る、跪拝する。

我々はその上を往く。

氷の山に攀する。

氷結せんとする海の岩礁に釣る。

一月は若い者ほど美しい。

小児でも娘でも亦、花や雪

や雲でも。

そして我々は「感情の世界」に座る。

座り乍ら「非人情」の美を称える。

小児の紅い袖に、雪白な柊の花と匂ひを。

をんな達の臙脂の影に、

仄かに咲かんとする雪割草を。

又雪に水獣の美を。

魚に青海の藍を。

昆虫にたんぽぽの花粉を。

斯へて一月の美を聚めろ。

一月の地表の、新しい花文を読もうとする。」

 惣之助を招いた「あけぼの」会事務所は、橘樹郡宮前村字土橋六四九の小倉進さん方にあった。

 「あけぼの会」は昭和五年一月、俳句中心の会で、詩歌雑誌『あけぼの』を刊行していた。代表者は土橋在住の小倉緑村氏、機関誌『あけぼの』発刊責任者である。会の顧問は、佐藤惣之助・飯田九一・畑耕一・川島つゆ・福田正夫・岡本かの子・並木秋人・乾直恵の面々である。

 同誌発刊の主旨は「俳諧詩歌に親しむ若人が若き情熱と友情に結ばれて発足、詩を通じて郷土文化の向上、顕彰を目標とした」ものだ。惣之助は「これら若人の純情を愛して、こよなく美しい、友情の花園」と激励、毎月の会合、吟行、懇談会に欠かさず出席して、大いに激励した。

 特に昭和八年十月一日の「あけぼの短歌会秋季大会」が二子亀屋で開催され「独歩の泊まったのは此処だろう」の惣之助の発言が切っ掛けとなって、溝口亀屋に『国木田独歩文学碑』を建立となった事は、画期的なことであった。
 

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その1 加藤 孝市さん

6月21日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その4 英 径夫さん

6月14日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その3 英 径夫さん

6月7日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その2 英 径夫さん

5月31日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

5月31日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その1 英 径夫さん

5月24日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク