高津区版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

「日本の仕組みは地方から変える」No.20企画・製作/小川あきのぶ事務所 高齢者の健康づくりをサポート 川崎市議会議員(新しい川崎の会団長) 小川あきのぶ

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena

 わが国では社会保障費が予算の約3分の1を占め、国庫負担は毎年1兆円規模で増加しています。その中心は医療・介護と年金ですが、川崎市においても医療費と介護費の増加が財政に大きな影響を与えています。

Q.子育て支援や教育とならんで高齢者の健康づくりも重要な政策ですね。

A.そうですね。医療費や介護費が増大しているからといって、切り捨てることはできません。高齢者の方々が安心して暮らせるよう、どうやって社会保障制度を維持していくのか真剣に議論すべきです。

Q.どうすれば医療費や介護費が抑制できますか。

A.制度維持には支出を抑える必要がありますが、1人あたりの医療費や介護費を抑制しようとすると、医療や介護を必要としている人には、厳しい選択肢をつきつけることになってしまいます。そこで、いかに医療や介護を必要としない人を増やすかが重要です。

Q.つまり健康づくり?

A.そうです。健康な人の割合が増えれば増えるほど、医療費や介護費を抑制することができます。例えば、企業の健康保険組合では「健康づくり」をかなり重視していて、私が企業に勤めていた時にも、健康保険組合から歩数計を持たされている部長を見かけました。

Q.川崎の健康づくりは?

A.企業の健康保険組合に比べれば、まだまだ個人の状態に合わせたきめ細やかな「健康づくり」とは言えないでしょう。そこで、レセプトデータを活用し、健康リスクの高い国保の加入者一人一人に区の保健師が健康指導をするなど、オーダーメイドでサポートするよう議会で求めてきました。

Q.一人でも健康な高齢者が増えてほしいですね。

A.元気なお年寄りは社会の宝です。一人でも多くのお年寄りが元気で楽しく毎日を過ごせるよう、議論を重ねていきたいと思います。
 

小川あきのぶ

神奈川県川崎市高津区下作延4-28-29

TEL:044-852-6212

http://ogawaakinobu.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「10年で5倍に急増?」児童虐待相談・通告件数

数値でみる川崎と高津No.49 シリーズ

「10年で5倍に急増?」児童虐待相談・通告件数

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

6月7日号

令和時代を考える

衆議院議員 やまぎわ大志郎・自民党

令和時代を考える

6月9日 ホテルKSPで国政報告会

5月31日号

二期目の議会を迎えて

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊶

二期目の議会を迎えて

川崎市議会議員 さいとう伸志

5月24日号

令和新時代「動く、進める。」

自民党 川崎市議会議員 青木のりお 市政報告

令和新時代「動く、進める。」

5月1日号

「くにこ」の県庁見聞録

連載220回

「くにこ」の県庁見聞録

ケガに思う

5月1日号

平成時代〜失われた30年?

数値でみる川崎と高津No.48 シリーズ

平成時代〜失われた30年?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

5月1日号

下げ止まらない投票率は、なぜ?

数値でみる川崎と高津No.47 シリーズ

下げ止まらない投票率は、なぜ?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

4月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク