高津区版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

市議選高津区 自民、共産が議席増 現職は2氏が落選

政治

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena
支援者と握手する3期連続トップ当選の青木氏
支援者と握手する3期連続トップ当選の青木氏

 川崎市議会議員選挙の投開票が4月12日に行われた。定数9に15人が立候補し、市内屈指の激戦となった高津区では、自民党が3議席、共産党が2議席と、前回より1議席ずつ増やした。民主党、公明党は2議席を確保した。新人、元職4氏が当選し、現職は2氏が落選した。

 候補者乱立で政党に有利な選挙戦だった。自民党は青木功雄氏が3期連続でトップ当選、2位に大島明氏がつけた。さらに新人の齋藤伸志氏が接戦を制し、僅差で初当選した。

 青木氏は「期待の大きさが形になっていると思う。身を引き締めて3期目を頑張りたい」と話した。

 共産党は8年ぶりに2議席目を「奪還」した。政党別にみると、前回選挙から票を伸ばしたのは共産党のみ。公明党は岡村テル子氏の後継の春孝明氏が初当選。民主党は元職の堀添健氏が返り咲きを果たして、2議席を確保した。

 一方で政党から離脱した現職の2氏が議席を失った。前回選挙でみんなの党の追い風を受け2位得票だった小川顕正氏と、民主党を離党した粕谷葉子氏は及ばなかった。

投票率は過去最低市内唯一4割切る

 投票率は、前回より4・9ポイント低い39・1%で、過去最低を更新。前回市議選と同様に市内で最も低い投票率となった。川崎市全体では41・98%で前回選挙より4・13ポイント低下。4割を切ったのは市内で高津区のみだった。投票所別にみると、最も投票率が高かったのは東高津老人いこいの家で39・16%、最も低かったのは新作小学校で25・81%だった。=中面に関連記事
 

高津区版のトップニュース最新6

火災・救急 減少傾向に

高津消防署管轄内

火災・救急 減少傾向に 社会

放火・こんろが出火原因上位

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 社会

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

守った「正月風景」

宇奈根「カワサキ・スイミングクラブ」

守った「正月風景」 文化で

恒例の初泳ぎ、今年も

1月8日号

区民の暮らしに「安定」を

区民の暮らしに「安定」を 政治

鈴木区長が抱負語る

1月8日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 社会

福田市長、2021年を語る

1月1日号

目標は2年連続総合3位

國學院大

目標は2年連続総合3位 スポーツ

箱根駅伝 あす号砲

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク