高津区版 掲載号:2015年5月8日号 エリアトップへ

川崎市 待機児童ゼロ初めて達成 施設増設で受け入れ枠拡大

掲載号:2015年5月8日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は4月23日、保育所待機児童数が4月1日時点でゼロになったと発表した。待機児童が解消されるのは、比較可能な統計がある2000年度以降で初めて。福田紀彦市長が最重要課題と掲げて2年間で解消させた。受け入れ枠の拡大や相談・支援体制の強化を進めてきた。

 市が発表した資料によると、2015年4月の保育所の申請者数は過去最多の2万5264人で、前年よりも1764人増加した。

 市は14年度中に認可保育所と認定こども園を合わせて施設を32カ所増設して定員を2180人増やした。さらに小規模保育所を43カ所増設して定員を364人増やし、今年4月時点の受け入れ枠を確保した。

 市内の保育所利用希望者は、人口増加に伴う就学前児童の増加に加え、働く女性の増加や核家族世帯の増加を背景に年々増加してきた。過去10年間の待機児童数をみると、2010年が1076人でピーク。12年(615人)と13年(438人)は2年連続で県内ワースト1だった。

 待機児童対策は、2013年に就任した福田紀彦市長の選挙公約の1つ。13年12月に市長をトップに待機児童ゼロ対策推進本部を設置し、取り組みを進めてきた。受け入れ枠を確保するため、認可保育所や小規模保育事業所を整備。各区役所には専門の職員を配置して相談・支援体制を強化し、利用者と施設のマッチングを図ってきた。保育の質を確保するため、基準を満たす施設を助成し、潜在保育士の再就職支援策などにも取り組んだ。

 ただ、待機児童ゼロを継続するのは難しい面もある。13年にゼロを実現した横浜市は翌14年に20人を計上した。川崎市は今後も人口増加が予測され、ゼロを達成したことで潜在的な利用希望者が増えるケースもある。

 23日の記者会見で福田市長は「今回の待機児童の解消はゴールでなくスタート。継続に向けて必要な地域にしっかりと受入枠を確保し、区役所の相談、支援の充実に努める」などとコメントした。

高津区版のトップニュース最新6

桜草(サクラソウ)が見ごろ

末長・鈴木さん宅

桜草(サクラソウ)が見ごろ 文化

今年も地域に彩り

3月5日号

「多文化」を楽しく体験

区内有志などが主催

「多文化」を楽しく体験 文化

3月7日「表現フェスタ」

3月5日号

筒井さん、三堀さんが受賞

川崎市自治功労賞

筒井さん、三堀さんが受賞 社会

地域の振興発展に寄与

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

被災コアラに2,000豪ドル

【Web限定記事】アップコン株式会社

被災コアラに2,000豪ドル 社会

独自の「健活ポイント」を現金化し寄付

2月19日号

ライスワックス使用でより安心の筆記具に

【Web限定記事】風呂用 キットパス

ライスワックス使用でより安心の筆記具に 文化

久地・理化学工業が新改良

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク